美味しくお茶を淹れる方法をご紹介します~急須&ティーパック~

自宅で日本茶を楽しみたい。

大半の人が「適当にお湯と茶葉だけ用意すればいいのでは?」と考えています。しかし、その淹れ方にちょっと工夫をすることで美味しくなります。

美味しくお茶を淹れるために準備するもの

まずは準備するものからです。

急須で淹れる場合と、ティーパックで淹れる場合の2つのタイプで説明します。

急須編

☆茶葉5~6g(大さじ約2杯)※2人分※

☆湯のみ

☆お湯

☆急須

☆ポット

ティーパック編

☆ティーパック

☆お湯

☆湯のみ

☆ポット

 

急須で淹れる美味しいお茶

では、美味しく淹れる手順について紹介します。

基本的には煎茶の淹れ方となります。

緑茶は紅茶と比べると10度低く、80度程度の温度が適温です。

1、お湯を沸騰させる。

2、お湯を人数分の湯のみにつぎます。この時に8分目まで入れることがオススメです。

3、急須に茶葉を入れます。(茶葉の量は1人当り3gほど)

4、あらかじめついでおいた湯のみのお湯をゆっくり急須に注ぎます。

5、約1分ほど、お茶の葉が開くまで静かに待ちます。約1分ぐらい経って、お茶の葉が開いたら急須から湯のみに均等につぎ分けます。

6、注ぐときには急須に残らないように、必ず最後の一滴までしぼるように注いで下さい。

以上が手順となります。

ピントとしては最初に「8分目まで入れる」という手順2ですね。この行為ですが、しっかりと意味があります。電気ポットなどから熱湯をいきなり入れると、カテキンが一気に出て苦みや渋みの強いお茶になってしまいます。

 

ティーパックで淹れる美味しいお茶

続いてティーパックで美味しくお茶をいただく手順です。

ティーパックで淹れる場合は簡単ですね。手順は箱に書いてあることも多いので、一応目を通しておくことをオススメします。

1、お湯を沸騰させ、湯のみにティーパックを入れる

2、ポットのお湯を、湯のみに注ぐ。

3、パッケージに書かれた浸出時間を待ち、ティーバッグを取り除く

このような手順です。

非常に簡単ですね。ポイントとしてはティーパックを引き上げる際に、静かに引き上げることです。スプーンなどで絞らないほうが美味しく仕上がります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る