紅茶に含まれる成分について|緑茶との大きな違いは?

お茶には健康に嬉しい成分がいっぱいです。

今回は紅茶の成分について触れてみたいと思います。日本では緑茶が有名ですが、緑茶と紅茶の違いについても触れていきたいと思います。

紅茶に含まれる主な成分

成分 説明
カフェイン お茶の代表的な成分です。

主に「覚醒作用、利尿作用」などがあります。しかし摂取しすぎには注意が必要です。

→カフェインについての詳しい説明。

タンニン 紅茶ポリフェノールと呼ばれます。

主に「動脈硬化や高血圧、心臓疾患、脳血管障害の予防、消炎作用」などがあります。

タンニンはカテキン類の総称で、緑茶や紅茶、渋柿の渋みの要因です。

紅茶フラボノイド 紅茶の呈色成分です。

主に「抗酸化作用、インフルエンザ予防、風邪予防」があります。

紅茶の水色は主に紅茶フラボノイドによって決まります。

アミノ酸 うまみ成分です。

主に「疲労回復、ダイエット効果」などがあります。

ビタミン類 ビタミンA、ビタミンB群が含まれています。

主に「老化を防いだり、貧血を予防したり、高血圧を予防したり」する効果があります。

テアニン 紅茶に含まれるテアニンは、紅茶のうまみと甘みを醸し出すアミノ酸の一種です。

主に「リラックス効果」があります。

これは緑茶にも含まれており、お茶を飲むと落ち着くというのがテアニンが入っているからです。

 

緑茶との違いは?

緑茶と紅茶では成分に違いがあります。

→緑茶の成分について

実はあまり違いはないです。

最大の特徴は「紅茶フラボノイド」でしょう。

フラボノイドとは、ポリフェノールの一種で、紅茶以外にも緑茶や果物や野菜にも含まれております。わざわざ「紅茶フラボノイド」という理由ですが、それだけ強い作用があるということです。

紅茶フラボノイドは「抗酸化物質」です。この成分は体の老化の原因となる活性酸素に対抗する力を持っています。活性酸素は糖尿病や高血圧などの生活習慣病の原因となったり、ガンを引き起こすと言われています。

紅茶フラボノイドは、心筋梗塞の発症率を下げたり、動脈硬化になるのを防いだりします。

アンチエイジング効果があるので、非常に嬉しい成分といえるでしょう。

 

緑茶と紅茶はどっちがいいの?

先に結論からいえば「どちらも体にいい」ですね。

緑茶も紅茶も元々は同じなので、それほど大きな違いはないといってもいいでしょう。それぞれ風邪&インフルエンザの予防効果があり、美容健康効果があります。

好みのほうを飲む、でいいと思います。

ただしカフェインが含まれているので飲み過ぎには注意してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る