インスタントコーヒーは危険?健康効果とカフェインについて

インスタントコーヒーが人気ですね。

コンビニでも気軽に購入可能になったことで、世間に広く浸透するようになりました。しかしその裏には危険性も見え隠れしているので注意が必要です。

インスタントコーヒーの危険性について

インスタントコーヒーというのは、コーヒー豆で入れたコーヒーの液体を粉末にしているものです。

つまり豆から入れたコーヒーよりも、カフェインやタンニンの量などが凝縮されているのです。インスタントコーヒーは自分で濃さを調節することができます。それで、ついつい濃いめのコーヒーを飲んでしまうことに慣れてくることがあります。それは人間がカフェインに慣れやすいというところにあります。

コーヒーを飲みすぎるとカフェイン中毒で最悪の事態になる可能性があります。

インスタントコーヒーの怖いところはそこにあります。

コーヒーに含まれているカフェインは交感神経を活発にして、やる気を起こすのですが、飲み過ぎが体に与える影響は多大なものがあります。カフェインを飲みすぎると、自律神経が乱れて、不眠になったり頭が痛くなったりいろいろなところに不具合が出てきます。そして、カフェインの量が多くなると死に至ることもあるのです。

→カフェインの危険性について

インスタントコーヒーはカフェインの量が多いので、数杯1時間に飲むだけカフェイン中毒になります。

健康に悪いの?

ただし、飲み過ぎなければコーヒーは健康に良い飲み物です。

リラックス効果があります。

危険のはインスタントコーヒーに慣れてしまうことです。カフェインに慣れてきて、薄いと感じていつもより濃いコーヒーを飲むようになると危ないのです。カフェイン中毒になると、夜眠れなくなって自律神経が乱れて、うつ病やパニック障害になったりする危険性があります。

コーヒーは血圧を上げる作用があります。何事も飲み過ぎはいけません。適量を飲んでいたら体にいいものも、飲み過ぎは体に良くありません。

インスタントコーヒーは手軽にコーヒーを飲むのに最適です。ですから飲む回数も増えていきます。眠気がしたりするとコーヒーを飲むと眠気がなくなったりします。さらに利用作用があります。

コーヒーを飲むとトイレが近くなるのは、そのためです。

インスタントコーヒーは適量を飲んでいる分には悪くないのですが、量が増えると危険な飲み物で、体にも悪いということです。

カフェインはインスタントコーヒー5杯分で致死量になる可能性もあり、非常に困ります。強い飲み物になってしまいますが、適量を飲んでいる分には全く問題ないどころか、健康に良い働きをするので、毎日適量を呑むぶんには問題がありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る