コーヒーカップのソーサー誕生と存在意義について

コーヒーカップに使われるソーサーの存在。

砂糖やミルクを置くといった用途や、コーヒーがこぼれた際の受け皿だと思っている方はとても多いようですが、もともとは今とは違う使い方をされていたことをご存知でしょうか。

ソーサーの誕生と存在意義

そもそも、ソーサーについてです。

カップの下にあるお皿のようなものですね。喫茶店でコーヒー&紅茶を注文したときにカップの下のほうにあるお皿です。スプーンを乗せている人が多いですよね。

cup2-540x360

実は18世紀ごろのイギリスやフランスでは、受け皿ではなく熱く注がれたコーヒーを冷ますために使用されていました。このコーヒーソーサーにコーヒーを注ぎ、冷ましてから飲むという感じで使用されていました。

というのも、当時のコーヒーソーサーは今のような平たい皿ではなく、少し深い皿だったことがわかっています。

しかし、こうした飲み方は貴族社会では無作法として受け入れられず、労働階級の飲み方だとして非難されました。

ではなぜ、当時のイギリスやフランスではそのような飲み方をしていたのでしょうか?

17世紀の初めごろ、中国からヨーロッパにお茶文化が伝わったとされていますが、元々はお茶用の受け皿はなかったのです。ところが、受け皿ができたのには理由があります。ヨーロッパの食器は大半が皿なのですが、こうした背景がコーヒーカップのソーサーを生み出すきっかけとなりました。

焼き物ができる以前、先史時代の食器は木の葉でした。

ヨーロッパは手づかみの食事が長く続き、お碗よりも皿の方が飲食に都合が良かったのです。今でもスープなどの液状のものまで皿で提供されているのは、そうした食文化の名残であり証です。コーヒーも例外ではなかったわけですね。

当時のティーカップは磁器製であり、中国から輸入していたものなので取っ手がついていない茶碗というのが基本でした。貴族たちはお茶を優雅に楽しみたいといった気持ちから、受け皿のソーサーがセットになり、いつしかそれが、コーヒーカップからソーサーに移し変えて飲むスタイルになってしまったのでした。

 

時代の変化

上記のような習慣はその後、20世紀の初頭まで続きました。

しかしコーヒーが直接カップから飲まれるようになると、ソーサーは受け皿としての役割しか意味を持たなくなってしまいました。

必要ないという意見も実際に出ていましたが「現在ではスプーンやミルク、砂糖などを置く用途」としても使われていくことになります。これに合わせてソーサーの深さも次第に浅くなっていきます。

当時は今と違って溶けにくい砂糖のかたまりが使われていて、どうしてもスプーンが必要でした。そうしたスプーンを置く場所としても受け皿は必要で、平たいお皿だけは今日まで残りました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る