コンビニで販売されている珈琲(コーヒー)の買い方について

2010年代から流行しているコンビニの珈琲。

セブンイレブンでは1980年代から導入しては撤退を繰り返していましたが、2010年代の導入では珈琲が流行しているのも相まって大きく躍進しました。

セブンイレブンだけでなく、その他のコンビニでも導入されあっという間に広がっていきました。

さて、今回はコンビニで珈琲を購入する手順について詳しくお伝えしたいと思います。

セブンイレブンの注文方法

セブンイレブン

セブンイレブンは利用している方も多いでしょう。

販売されているコーヒーは「アイス」と「ホット」の2種類があります。注文の仕方が若干異なるので注意してください。

アイスコーヒーの場合

1、アイスコーナーにある氷入りのコーヒーカップをレジに持って行く。

2、料金を支払う。

3、蓋を外してコーヒーの機械にカップをセットし、購入したサイズのボタンを押す。

4、入れ終わったら取り出す。

ホットコーヒーの場合

1、レジで「ホットコーヒー」と注文し、料金を払う。

2、渡されたカップをコーヒーの機械にセットして、購入したサイズのボタンを押す。

3、入れ終わったら取り出す。

 

ファミリーマートの注文方法

main6

ファミマのコーヒーです。

2012年から導入され、瞬く間に人気になりましたね。

こちらの手順についてですが、ホットもアイスも基本的に同じです。

1、レジで注文する。

2、店員に渡されたカップをコーヒーの機械にセットし、ボタンを押す。

3、入れ終わったら取り出す

 

ローソンの注文方法

mt_h01

2011年1月にローソンの「マチカフェ」が導入されました。

注文するのはとても簡単なので悩むことなく行けます。

1、レジで「アイス」か「ホット」と言ってサイズを伝える。

2、料金を支払う。

3、店員が持ってきてくれるので終える。

 

サークルKサンクスの場合

1512_coffee_sp_h1

サークルKサンクスは少し特別です。

2009年から開始しているのですが、専用のカートリッジを使用する方式を取っています。

1、コーヒーを入れる機械の横に種類のカードがあるので、それをレジに持っていく。

2、店員にカップとカートリッジを渡されるので、それをコーヒーの機械にセットする。

3、購入した商品のボタンを押す。

4、終わったら取り出す。

 

ミニストップの場合

fafafa

ミニストップのコーヒーも2009年に導入されました。

1、レジで「アイス」か「ホット」と言って料金を支払う

2、店員に渡されたカップを持って、ポットからカップにコーヒーを注ぐ。

3、適量を注いだら飲む

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る