セブンイレブンのコーヒーに使用されている豆の購入方法と種類について

今回はあるコンビニのコーヒーに焦点を当てていきたいと思います。

それが「セブンイレブン」です。全国に多くの店舗を持っています。最も店舗数と規模が多いコンビニであり、売り上げもトップとなっています。

その中でも昨今は”コーヒー”が話題です。

セブンイレブンとコーヒー

さて、セブンイレブンといえばコーヒーメーカーを初めて導入したコンビニです。そして、それ以来一気にコンビニコーヒーは広がっていきました。

とはいえ、セブンは何度も「導入と撤退」を繰り返しました。

日本には”緑茶”というお茶が存在しているため、西洋のコーヒーは中々定着しなかったことが導入と撤退を繰り返していた理由です。時代が移り変わり、2000年代に入ると少しずつ日本でもコーヒーが嗜まれるようになりました。

コンビニだからといっても舐めて掛かると痛い目に遭うほどの美味しさです。

その美味しさは豆にこだわっているためです。では、ここからはセブンイレブンの”コーヒー豆”について説明していきたいと思います。

 

セブンのコーヒー豆の購入方法について

セブンのコーヒーを自宅でも気軽に飲みたい。

そういった方もいるでしょう。はっきりいって現在のセブンのコーヒーの味はそこら辺の店と同等か、それ以上といっても過言ではないです。

コーヒー豆が売っているので購入することをオススメします。

購入に関してはとても簡単で、コーヒーやお茶が売られている棚にあります。すぐに見つけられると思います。

また、値段も200グラムで463円なので気軽に買えると思います。セブンイレブンのコーヒー好きにはとてもありがたいですね。気軽に家で楽しむことが可能です。

 

セブンイレブンのコーヒー豆の種類

では、セブンカフェの豆の種類はどのようなものがあるのか紹介します。

セブンの場合は4種類のアラピカ豆が絶妙なバランスで使用されています。ちなみにアラピカ豆の特徴は原産地はアフリカのエチオピアで、酸味が強く、香りはフローラルで花のような甘い香りがするのが特徴で、飲みやすく、苦いコーヒーが苦手な人でも飲みやすいです。

アラピカ豆といっても様々な種類があり、味や香りが違います。ですので、それを絶妙なバランスでコーヒー豆を作っているのでとてもおいしく飲みやすいコーヒーになっています。

また、ネットでもセブンイレブンのコーヒーは安くておいしいとかなり好評です。コンビニだからと舐めないほうがいいです。基本的にセルフでお金だけ払って自分でドリップするのですがやり方は簡単なのですぐに分かると思います。

→コンビニコーヒーの購入について

最近はコンビニでドリップコーヒーが手軽に飲めるようになりました。これはコーヒー好きとしては嬉しいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る