コーヒーは1日3杯で脳腫瘍のリスクが減る?

興味深い研究が発表されました。

コーヒーの成分の一部が発ガン抑制に関係している可能性があるという報道がされました。これが事実であるとしたら非常に喜ばしいですね。

コーヒー1日3杯で脳腫瘍リスク減

こちらは国立がん研究センターの研究チームがまとめたものです。

日本人でコーヒーを1日3杯以上飲む人は、脳腫瘍を発症するリスクが低いというものです。国内の複数地域に住む40~69歳の男女約10万人に、コーヒーを飲む頻度など習慣を聞き、その後約20年にわたり経過をみたところ、157人が脳腫瘍を発症しました。

研究チームはコーヒーを飲む頻度によって3つのグループにわけました。

1日3杯以上

1日1~2杯

1日杯未満

この3グループに分けて脳腫瘍のリスクを調べた。その結果、1日3杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて、脳腫瘍の発症リスクが53%低かったことがわかりました。

これはコーヒーに含まれているクロロゲン酸やトリゴネリンという成分には抗酸化作用などの働きがあり、発症を抑えた可能性があるという見方がもっとも適切でしょう。

ただし、注意点もあります。1日7杯以上と過剰に飲むと逆にリスクが高まるとの報告もあります。元々コーヒーにはカフェインが多量に含まれているので過剰摂取は危険ということですね。

過剰摂取に関してはハッキリと危険といえます。1日3杯で脳腫瘍リスク減が確実というにはまだまだデータが少ないですが、少量ならば健康面でもいいことはすでに周知の事実です。

今回の結果だけで断言するにはまだまだ材料不足ですが、過剰摂取に注意すればコーヒーには脳腫瘍のリスクを減らす効果にも期待がもてそうですね。こちらについては今後の研究でさらに明かされていくことを待ちたいところです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る