コーヒー豆は再利用もそのまま食べることもできる

日本でコーヒーが飲まれるようになり、爆発的に家庭にも広がっていきました。

家庭でも「コーヒー豆」を購入する方が多くなっています。しかし、ドリップコーヒーのコーヒー豆をろ過した後の残りかすは、単純にゴミとして捨てているでしょうか?

実はコーヒーの残りかすは様々な再利用をすることができます。どのような方法があるのかを知って、試してみてはどうでしょうか。

コーヒー豆の再利用について

まず、コーヒー豆の再利用では幾つかの利用方法があります。

脱臭用の利用、食品関係の利用、植物関係の利用法などいろいろです。

最初に脱臭から紹介しましょう。

脱臭に利用するには、コーヒーの濾しかすをよく乾燥させる必要があります。乾燥させるのは水分を飛ばしてカビの発生を防ぐためです。乾燥させたらティーバッグ用の袋などに入れてコーヒー脱臭剤として利用できます。冷蔵庫、下駄箱、トイレなど、気になる場所の脱臭剤として利用してみましょう。

続いて食品関係の利用法です。

こちらの利用法としては、コーヒーのかすを油処理に使う方法があります。よく乾燥させたコーヒーかすを、古くなった油に投入すると、油をよく吸い込みます。量を多めに入れることで、油を綺麗に吸収し、処理するのも簡単になります。市販の油処理剤を使うよりずっと安上がりになります。

最後に植物関係の利用法です。

コーヒーの濾したかすは、植物を育てることにも使えます。土に混ぜてて1ヶ月ほど分解させれば、畑やガーデニングが趣味の人にも嬉しい有機肥料の出来上がりです。

 

コーヒー豆をそのまま”食べる”

コーヒー豆といったら、コーヒーを淹れて飲むためのもの。

そう考えることは通常です。

とはいえ、コーヒー豆を直接食べることも充分に可能なことはご存知でしたか。実際に食品メーカーでは、食べるコーヒー豆やコーヒー豆のお菓子などを製造販売しています。

コーヒー豆を焙煎したものをそのまま食べると、コーヒーを飲むよりも強い苦味があったり、酸味を感じたりします。コーヒー豆の主要成分にはカフェイン、タンパク質、油脂、繊維などがあります。

その為、注意が必要です。

コーヒーを飲むと眠くなくなると言われますが、それは覚醒作用、興奮作用が強くなっていることを意味しています。コーヒー豆のほうが液体のコーヒーよりも成分がずっと強いと言えるでしょう。さらに、豆は農薬を吸収している可能性があります。それらを考慮すると大量に食べることはおすすめできないですね。特に妊婦や子供の場合、コーヒー豆を大量に食べることは控えるべきでしょう。

それでも大人のおやつ、酒の肴にということで好んで食べる人もいます。

食べ過ぎに注意して、苦味ある美味を味わってみてはどうでしょうか。

 

まとめ

コーヒー豆には様々な用途がありますね。

再利用についてはとても効果的なので、試してみてはいかがでしょう。

そのまま食べることに関しては正直オススメできないので、もしもの場合のために覚えておくのがいいでしょう。興味がある人もいるでしょうが、大量に食べることだけは控えてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る