さんぴん茶とジャスミン茶の違い|飲む際の注意点について

健康のために、お茶を飲んでいるという人が増えていますね。

そのため、お茶は健康に良いことが知られています。中でも、最近特に注目をされているお茶として”さんぴん茶”があります。

さんぴん茶というお茶があることを知らなかったという人も、多いと感じます。別名であるジャスミン茶と混ぜて呼ばれることが多いのですね。

さんぴん茶とジャスミン茶の違い

基本的には同じものです。

ジャスミン茶は沖縄ではさんぴん茶として飲まれています。これはジャスミン茶を指す中国語「シャンピェンツァー(香片茶 )」から転じたものと言われています。

ただし沖縄で飲まれているものは日本人に向けてすこし改良を加えています。そのため、全国的に知られている「ジャスミン茶」と「さんぴん茶」では若干の味の違いがあるとされています。

どちらも緑茶成分が含まれ、ジャスミンの香りによるリラックス効果も期待できます。

昨今の日本で人気が高まっているのも高い健康効果が注目されているからです。

さんぴん茶と呼ばれる理由

名前の由来については上記のとおりです。

沖縄の人がジャスミン茶を指す「シャンピェンツァー(香片茶 )」をジャスミン茶がなまり、さんぴん茶となったようです。そのまま定着し、現在の沖縄では「さんぴん茶」として当たり前のように販売されています。

さんぴん茶を飲む際の注意点について

さんぴん茶は、美容健康&ダイエットに効果的な飲み物と言われています。

継続して飲むことによって効果を期待することが出来るのです。そのため、一度飲んだのでOKと言うことではありません。長く気長に飲んで、高い効果を期待しましょう。

さんぴん茶は暖かくして飲むことをおすすめします。冷たくして飲むこともできますが、それでは体が冷えてしまいます。特にダイエットをしているときなどは、体の代謝をあげることが必要です。暖かい飲み物がいいですね。

で、最大の中点です。

さんぴん茶は、微量ですがカフェインが含まれています。

そのため、カフェインを取りたくないというときは控えておきましょう。妊婦さんや、小さい子供は控えたほうがいいですね。寝る前にさんぴん茶を飲むことによって、眠れなくなることがあります。

寝る前の数時間前は控えたほうがいいですね。

貧血症状のある時には、控えておいたほうがいいと言われています。

さんぴん茶には、タンニンという成分が含まれています。タンニンは、貧血に必要な鉄分を吸収しにくくします。貧血がひどいという人は、控えておいたほうがいいですね

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る