ティータイムとは何時から何時までのことを指すの?

最近は日本でも流行してきたティータイム。

元祖はイギリスです。イギリスでは朝食の紅茶に始まり,昼食の飲物も紅茶で,さらに夕食時と夕食後にも紅茶といった具合で1日に何回も紅茶を飲みます。

ティータイムとは、その場所や人数を問わず、お茶をするシチュエーションを指します。では、その時刻とは何時から何時までのことを指すのでしょうか。

イギリス人が大好きなティータイムであり、日本でも流行の兆しを見せていますね。元々お茶をする文化はあった日本ですが、この名前を使用することが増えたというのが正しい言い方でしょうか。

さて、本場のティータイムは何時から何時までのことを指すのでしょうか。意外と知らない方が多いと思います。

答えは「常にティータイム」です。

朝のティータイムについて

☆アーリー・ティー☆

朝のティータイムです。

寝ぼけている頭を紅茶の香味ですっきりと目覚めさせるものです。朝に紅茶を飲むことでお通じを良くする効果もあります。

忙しい現代社会では非常に大切な時間でありますが、失われつつある文化といえます。朝食よりも前の時間で、ベッドで楽しむ方も多くいます。その為、別名では「ベッドティータイム」と呼ばれます。

朝に人が集まって飲むことは少ないのですが、アーリー・ティータイムは非常に珍しいといえるでしょう。

☆ブレックファースト・ティー☆

こちらはその名の通り、朝食時のこと紅茶です。

イギリスでは朝食時に紅茶を飲む文化があります。アーリー・ティーの次の時間にあたります。

家族で楽しむ時間といえますね。イギリスの朝食は量が豊富なことで有名です。

昼のティータイムについて

☆イレブンジィズ・ティー☆

こちらは午前11時頃を指します。

日本ではあまり考えられない時間ですが、イレブンジィズは仕事の手を休めて、気分転換に飲む紅茶の時間です。

休み時間といったところでしょうかね。仕事でも学校でもオフィスでも存在する短時間の休み時間ですね。3時のおやつの11時バージョンといったらわかりやすいですね。

短時間ですが、人が集まるのでティータイムと言えます。

☆アフタヌーン・ティー☆

日本で言うところの3時のおやつの時間です。

もっとも有名な名前といってもいいでしょう。

親しい近所の方などと、気楽なおしゃべりを楽しみます。簡単な焼菓子などを用意し、仲間内、あるいは家族で楽しくおしゃべりをします。紅茶とお菓子をつまむスタイルとなります。

優雅な時間を楽しみます。

夕方のティータイムについて

☆ハイ・ティー☆

日本では馴染みのない時間ですね。

午後6時頃、父親が帰宅した際のお茶となります。家族と一緒に夕食を兼ねて紅茶を飲むスタイルのことです。

こちらはハイテーブルで飲むことから、この名前が使われました。別名「ミート・ティー」とも呼ばれます。

夜のティータイムについて

☆アフターディナー・ティー☆

夕食の後の時間です。

夕食の後の優雅な時間を指します。食後にゆっくりとする時間であり、テレビを見ながらお菓子を食べてゆっくりとする時間です。

時刻の目安としては午後8~9時くらいです。

☆ナイト・ティー☆

1日の終わりのティータイムです。

ベッドに入る前に1人で楽しむ時間です。ベッドの中で楽しむ人もおり、パジャマ姿でゆっくりとする時間です。

明日のことを考えながら過ごす時間ですね。

結論とまとめ

基本的には上記のすべてがティータイムです。

朝から夜までお茶をするので、そのすべてと言って過言ではないでしょう。お菓子とお茶があればそれで舞台は完成です。

好きな時間に楽しみましょう♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る