ハトムギ茶の効果&効能と知られていない副作用

はと麦から作られたお茶を「ハトムギ茶」と呼び、スーパーやドラッグストアで簡単に手に入れる事が出来ます。

味も癖が無く香ばしい上に、ノンカフェインであるため小さな子供から安心して飲む事が出来るお茶です。健康効果にも期待できることから2010年代からはテレビに取り上げられることも多くなります。

今回はこの「ハトムギ茶」に関してご紹介したいと思います。

ハトムギ茶の効果&効能について

ハトムギ茶には、様々な効能がある事をご存じでしょうか。

ハトムギは別名ヨクイニンとも呼ばれ、漢方薬の一種として処方される事もあります。ヨクイニンの効果を手軽に取り入れる事が出来るのがハトムギ茶です。

ハトムギ茶の成分は「ビタミンB1・B2、カルシウム、鉄分、たんぱく質、アミノ酸、食物繊維」を多く含みます。その中でも注目したいのが”コイクノライド”という成分です。コイクノライドは、ハトムギ独自の成分であり、様々な素晴らしい効果がある事が分かってきました。

コイクノライドには新陳代謝を活溌にする他、利尿作用や炎症を鎮める、抗腫作用などがあります。

ハトムギ茶を飲むと、肌の生まれ変わりを助け美肌効果やイボの改善に役立つのです。また炎症を鎮めてくれますから、リウマチなどの関節炎の痛みを抑える効果もあります。

さらに、ハトムギ茶は、身体の炎症を抑える腫瘍を取り除くという事で、抗癌作用が期待出来るのです。

今までハトムギ茶というと、美肌効果の強いお茶として有名でしたが、実はその他にも様々な効果があるのですね。特に独自成分であるコイクノライドには注目です。

 

副作用と飲み過ぎについて

ハトムギ茶は小さな子供でも問題なく飲めるほど、身体に負担のない安心のお茶です。ノンカフェインなので誰でも摂取できることは本当にありがたいですね。

しかし、副作用は全くないのでしょうか?

頻度はかなり稀にはなりますが、ハトムギ茶を飲む事で下痢や湿疹などの症状が出る場合があります。また、こちらは重要ですが「ハトムギにアレルギーがある場合」は摂取を止めましょう。

そして、もう1つの注意点。

妊婦の方に忠告したいです。ハトムギ茶は、排出効果が高いので妊婦がハトムギ茶を飲む事で流産に繋がる可能性が示唆されています。特に妊娠初期の飲用は避けた方が良いでしょう。ハトムギの排出効果は、老廃物や身体の毒素を出すというメリットの面が大きいので副作用という訳ではないのですが、効果が強いだけに妊婦は飲まない方が安心という訳ですね。

――――――――――――――――――――――――

※追記

最近の研究でハトムギの量的に大丈夫という記述がありました。

――――――――――――――――――――――――

ただ、何も知らないでハトムギ茶を数回飲んでしまった場合や、ハトムギ茶の含まれているブレンドティーを飲んでしまった場合もあるでしょう。

しかし、適度な量を数回飲むだけでは、直ぐ流産に繋がるという訳ではありません。過剰摂取にだけは注意してください。

 

最後にまとめ

最後にまとめます。

ハトムギ茶についての特徴はこのようになっています。

☆ノンカフェインで子供でも飲める

☆利尿作用や炎症を鎮める効果がある

☆美肌作用がある

☆妊婦は摂取を控える

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る