コーヒー豆の香りを損なわない上手な保存方法について

昨今の日本ではコーヒーが注目を集めています。

特にコーヒー愛好家が増え、豆を購入しているという方も多いでしょう。

今回はその保存方法について説明していきたいと思います。しっかりと保存しないと危険な場合もあるので、徹底したいところですね。

コーヒー豆の保存について

コーヒー豆は上手に保存すれば2、3ヶ月は風味も最高のまま美味しく楽しめます。

用意するのは密閉容器ですが、ジップロックのような密閉袋ではなく真空容器や密閉容器がおすすめです。さらに容器はプラスチックよりもガラスがより密閉性が高まり良い保存状態を保つ事ができます。

そして最大のポイントとしては常温保存は絶対にしないようにする事です。常温ではいくら気密性の高いガラス真空容器をもってしても劣化のスピードが速まってしまい、1週間ほどでコーヒー本来が保つ深い味わいと香りが飛んでしまうのです。

ですから、コーヒー豆を美味しく長期保存するためには、最低でも冷蔵庫の保管が重要です。

特に夏場は徹底したいところです。

しかし冷蔵庫も限界がありますのでやはり確実な保存法としては冷凍庫がベストの選択だと言えるでしょう。冷凍庫に保存していると香りの持ちが全く違うのは実際に冷凍庫保存と冷蔵庫保存のコーヒー豆を比較してみると一目瞭然なほどに味わいに差が出てしまう事がわかります。

コーヒーに特に詳しくない人でもその差は歴然だというぐらいですから、その冷凍保存の素晴らしさはやはりお墨付きなのだという事なのです。

 

冷凍保存する際の注意点

3ae570e4475ab79557752a64cf5cfedf-e1428504722932

冷凍保存をする際に、真空容器がベストだというのは先ほども述べました。

真空容器はどこでも手に入るものです。

一般的な密閉容器とは違って、蓋に穴が付いており中にコーヒー豆を入れて蓋を閉めた後にスティックを穴に押し込んでキュキュと数十回押すだけで容器の中身は完全に真空となる簡単な優れものなのです。

これにコーヒー豆を保存しておけば相当長い期間新鮮なコーヒー豆を楽しめるはずです。

しかし、この方法でもコツと注意点があります。

この容器はあくまでも小さめのものを購入することです。大きめの真空容器に一気に大量のコーヒー豆を入れて保存したとします。コーヒー豆を使用するたびにちょくちょく真空容器を開け閉めしていてはその度に豆が空気に触れることになるわけで、そのたびに豆自体に鮮度が落ちてしまい香りも失われてしまう恐れがあるのです。

ですからなるべく一つの保存容器には2回分ぐらいのコーヒー豆を小分けして入れるようにして冷凍保存をするのがもっとも良い保存方法です。

冷凍庫が狭いお宅もあるでしょうから、その際には長期保存を考えるよりも新しいコーヒー豆を常に補充していく法が効率よく美味しいコーヒーを楽しめることになりますので、この辺は個人の好みによると思います。

美味しいコーヒーをいつでも家庭で楽しめる幸せを味わうためにも上手な家庭での保存法をしっかりと習得することをお勧めします。

 

まとめ

保存についてのまとめです。

上手に保存することで数か月鮮度を保つことができる。

☆冷蔵庫で保存

☆夏場などは冷凍庫で保存

☆真空容器を使用する

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る