夏のお茶が腐る理由と保存方法の重要性について

夏はお茶が美味しい季節ですね。

緑茶は年中楽しむという方は多いですが、特に夏といえば麦茶がとても美味しく感じられる季節ですね。子供のころには家に帰ってきて麦茶をガブ飲みしていたという方も多いのではないでしょうか。

しかし、夏のお茶に関してですが注意点があります。

それが「腐る」という点です。

夏のお茶が腐る理由について

夏のお茶って腐りやすいですよね

お茶には、抗菌剤の役割を果たす作用のあるタンニンやカテキンなどの物質が含まれているのになぜ腐るのかと思います。

ただこれらの物質は水溶性なので一度お茶を沸かすと水に溶けてしまうので、効果が薄くなってしまいます。

そのためお茶は腐りやすくなってしまうのです。特に気温が高い夏場は、雑菌が繁殖して腐りやすくなるので、入れたらその日のうちに飲み切るようにして、冷蔵庫で保存したほうが良いですね。

保存することがとても重要です。

腐らないための保存方法について

保存が重要ですが、特に夏場は麦茶の保存に気を付けましょう。

麦茶の場合、水出しだと雑菌が繁殖しやすいという特徴があるので煮出しで入れたほうが雑菌も殺すことができます。その後、他の容器に入れるときはしっかりを冷ましてから入れるのがポイントです。

またティーバックなどで入れた場合、そのティーバックをそのまま入れっぱなしにしておくと雑菌が繁殖しする原因伊なるので、お茶が好みの濃さになった時点で取り除くことが重要です。

入れたお茶は雑菌が繁殖しやすくなっているので、夏場は特に冷蔵庫に必ず保存することが大切です。

保存容器に感じてですが、こちらはプラスチック製の物よりも、耐熱ガラス製のもののほうが菌の繁殖がしにくいのでお勧めです。夏場はとにかく菌を繁殖させないことを第一に考えましょう。

ペットボトルのお茶も注意が必要?

ペットボトルのお茶には、ビタミン剤などの保存料が添加されていますので、開封後であっても数日では腐りません。

ただし、注意も必要です。

ペットボトルから紙コップなどに移して飲んでいる場合は良いのですが、直接口をつけて飲んだ場合は、飲み口に雑菌が繁殖するので腐る原因になりす。特に夏場が雑菌の繁殖が活発になるため、ペットボトルを開けたらその日のうちに飲み切るようにしたほうが良いでしょう。

お茶には抗菌物質が含まれていますが、腐るとそれらの物質は逆に毒になりますので、食中毒の原因にもなるので、開けたお茶はその日のうちに飲み切ることが大切です。

このようにお茶は抗菌作用があるので腐らないと思われがちですが、とても腐りやすいものだということが分かりました。

特に夏の暑い時期は雑菌も繁殖しやすく、お茶も腐りやすくなるので早めに飲み切ったほうが良いですね。ペットボトルのお茶をはじめ、出来れば直接口をつけて飲むのではなくコップなどに注いでから飲むことが良いですが、なかなかそういうわけにもいきませんね。

そんな時は早く飲み切ることと必ず冷蔵庫に保存するようにします。また、外出していて冷蔵庫に保存ができない場合は、保冷ポットに入れるようにします。

関連記事

コメント

    • ムッシュ総理大臣
    • 2018年 8月 17日

    あの管理人さん、初めまして。
    『誤字』がありますよ。
    読み直してみてね。
    でわ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る