カフェインの効果&有効性と危険性について

お茶に含まれる成分の中で恐らくは最も有名な成分であろう”カフェイン”について紹介します。

朝に目覚めの珈琲を飲むという人は多くいますね。珈琲には覚せい作用があることは多くの方がご存じでしょうし、その作用に期待して珈琲を摂取していると思います。

今回は”カフェイン”のメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

カフェインとは?

カフェインという名前ですが、アルカロイドという化合物の1種です。

発見されたのは1819年のことでした。

ドイツのフリードリープ・フェルディナント・ルンゲによって珈琲の中から世界で初めて単離された成分です。

こちらの化合物が”カフェイン”という名前になったのは、珈琲に含まれていたことからカフェインと命名されました。

カフェインは珈琲の全種類に含まれており、そのほかにも、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココアなどの飲料、チョコレートなどの加工食品にもカフェインは含まれています。

カフェインの効果と有効性について

さて、このカフェインの効果について説明しましょう。

効果としては覚醒作用、解熱鎮痛作用、眠気、倦怠感、頭痛に対する効果がある医薬品としても使用されています。

集中力のアップ
眠気の改善
記憶力のアップ
やる気の向上
脂肪の分解
リラックス効果

これらがカフェインの有効性です。

集中力がアップするという効果ですが、ドーパミンが脳内から分泌する事と繋がっており、この分泌作用によって脳が覚醒します。これが覚醒作用となります。

集中力のアップは記憶力の上昇とやる気の向上に直結します。

脂肪の分解については、成分の中にある「リパーゼ」というものが作用します。脂肪を分解する酵素を活性化させる有効性があり、この成分で脂肪燃焼効果が上がるとされています。交感神経を刺激する作用もあります。

余談ですが、昨今流行りの高濃度茶カテキンのお茶にもカフェインが含まれています。カテキンとダブルの効果で脂肪燃焼効果をアップさせているというわけですね。

さらに、カフェインは血管収縮作用があります。体の血の巡りが良くなることから、疲労回復にも効果的とされています。

カフェインの危険について

ここまで見るとカフェインは非常に効果的で特別ということがわかります。

しかしカフェインには危険性があることでも知られている。

NEWSでもよく「カフェイン中毒」という言葉が流れます。聞いた事がある人も多いでしょう。

危険性の最上位に位置するカフェイン中毒ですが、これはカフェインの過剰摂取によって引き起こされる中毒のことです。引き起こす症状は、カフェイン自体が持つ神経毒性によって引き起こされます。

依存とは違うので注意してください。

カフェインですが「250mg以上の量を1日」で飲まないでください。

1日250mg以上の摂取では軽度の症状が出ます。具体的には「焦燥感、神経過敏、興奮、不眠、顔面紅潮、悪心、頻尿、頻脈」などの症状がでます。個人差はありますが、この量が目安となります。

鉄分の吸収妨げることで貧血になったり、胃が弱くなったりと過剰摂取は危険です。

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る