爽健美茶の効果効能と副作用について

日本人にはおなじみの爽健美茶。

数々ある種類の中でも有名なお茶ですね。ペットボトルのお茶なので、コンビニなどで見かけた人も多くいるでしょうし、実際に味わった方もおおいでしょう。

今回はその爽健美茶の効果効能と、副作用についてご紹介したいと思います。

爽健美茶の効果効能

爽健美茶というのは日本コカ・コーラから販売されている清涼飲料水で1993年に販売がスタートし現在も多くの人に好まれているドリンクです。

商品名はハトムギ茶や玄米茶と言ったようにお茶の原料や種類を意味する訳ではなく「爽やかに、健やかに、美しく」という意味から取った名であると言えます。

爽健美茶は一言で説明するならいろいろなお茶や体と美容にいい植物などの素材を独自のバランスで配合したお茶ということが出来ます。実際に原材料に使用されているのは緑茶、ハトムギ、大麦、チコリー、玄米、ドクダミ、はぶ茶、プーアル茶、キヌア、明日葉、大麦若葉、発芽玄米の12種類の素材です。

爽健美茶はノンカフェインのお茶で様々な原料を配合しているのにスッキリと飲みやすいのが特長といえます。それではこのブレンド茶はどんな効果効用が期待出来るのか紹介していきます。配合している成分の効果が少しずつであっても全て期待できるのなら非常に優れた効果と言わざるを得ません。

緑茶には抗酸化作用がありアンチエイジング効果があると言われています。

ハトムギは美肌効果、大麦は食物繊維を多く含みデトックス効果があるので肌荒れを予防することが出来ます。チコリは利尿作用によってむくみ解消してくれます。

ドクダミ茶の解毒作用、はぶ茶は滋養強壮と高血圧の予防、プーアール茶のダイエット効果、キヌアは食物繊維を豊富に含みデトックス効果と、女性ホルモンと似た働きがあるフェトエストロゲンが含まれているので貧血や冷え性の改善が期待出来ます。 さらに明日葉と大麦若葉は青汁などにも使用される栄養価が非常に高い植物で血液をサラサラにし食物繊維を多く含みます。

あと玄米にはアンチエイジングやガン予防に効果があると言えます。

 

爽健美茶の副作用

爽健美茶は植物由来の成分が配合されている安全性の高い商品なので副作用はほとんど見られません。

ですが配合されているハトムギは漢方薬にも使用されているモノですが体質によっては胃の不快感、下痢、発疹、発赤、痒み、蕁麻疹といった副作用が出る場合があります。

爽健美茶の場合は12種類の原料素材の1つなので分量的にもさほど多くはないのですが食物繊維を多く含む成分も多いことから沢山冷やした爽健美茶を飲むことでお腹が緩くなるといった症状が出るケースもあると言えます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る