伊右衛門の「特茶」(特定保健用食品等の茶類)を飲んだ際に起き得るデメリット&副作用について

特茶を飲まれている方は多いと思います。

非常に美味しく、トクホであることを忘れてしまいますよね。そのおかげでリピート率がアップし、高い値段ながらも大ヒットしました。その効果についてはこちらで詳しく書いています。

しかし、デメリットや注意点もあります。

特茶の副作用について

緑茶や烏龍茶を飲んだ場合、個人差は在ると思われますが「胃がムカムカするような」という思いをした人は少なくないとされています。

これは、緑茶や烏龍茶にはカフェインが含有されており、空腹時に飲むと胃のムカムカ感や胸焼けがする事が少なくないとされています。緑茶や烏龍茶、それにコーヒーや紅茶は食事をしながら飲むと本来の効能が期待できるとされています。

伊右衛門で特定保健用食品として売られている商品”特茶”ですが、脂肪の吸収を抑えるという効能が在るといわれています。

その理由ですが、脂肪分解酵素を活性化させるとされているケルセチン配糖体が含有されているため、適量であれば健康に良いとされています。

特定保健用食品は医薬品みたいな効能が在ると謳って販売をする事は法令違反となっていますが、効能が在ると認定されるまでには厳格な審査を受ける事になります。また、こういった食品は略称として特保とされています。

特保の茶類ですが、摂取する際は気を付けなければならない事が在ります。

それは、摂取の許容量を遵守しなければならないという事です。

また、特保の茶類ですが、普通の市販されている茶飲料と違って味は苦くて「過剰摂取をすると危ないような」という感じがします。

こちらのケルセチン配糖体ですが、薬剤(市販されている第一類~第三類の一般医薬品や、要指導医薬品並びに医療機関で提供される医療用医薬品)と飲み合わせは好ましくないとされています。医薬品ですが、常識的に考えると水またはぬるま湯で服用しなければ健康を害してしまいます。

特定保健用食品である茶飲料で薬を飲む事は好ましくないですし、アレルギー反応が在る人の場合は服用は好ましくないに違いありません。

下痢について

続いては下痢についてです。

特定保健用食品としての茶飲料ですが、例えば消化し難いとされているデキストリンが含有されている商品については注意をしなければなりません。デキストリンですが、食物繊維とされています。食物繊維ですが、消化や吸収がされずに体外に排泄される事になるといいます。

デキストリンを大量に摂取してしまった場合ですが、便通が非常に良くなって且つ下痢を起こす事が在るといわれています。

下痢ですが、暴食をすると間違いなく起こり得るのですが、デキストリンに関しては過剰摂取はしてはいけないと注意喚起がされています。

特定保健用食品を活用する場合、商品に記載されている注意書きは必ずチェックしなければなりません。注意喚起の箇所は、一般的に見易い色彩設定となっており、殆どの商品では視認性や識別性が高いデザインとなっています。

デキストリンですが、適量摂取であれば便通の解消が期待できるといわれています。先述しましたが、特定保健用食品は過剰摂取をすると好ましくないとされており、そもそも健康食品はあくまでも食事をした上で栄養分を補填する存在とされており、適正な知識を持って活用した方が期待されている効能が得られるものとなっているようです。

まとめ

特茶というか、特保の飲料に関しては注意が2つあります。

逆にいえば、これだけしっかりと注意しておけば大丈夫というわけですね。

☆医薬品を特保のお茶で飲まない

☆下痢を起こす可能性があるので飲み過ぎない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る