黒焼き玄米茶の効果&効能と注意点について

黒焼き玄米茶という種類のお茶があります。

あまり知られていないのですが、私たちの肉体にとって様々なプラス効果があります。今回は「黒焼き玄米茶」について紹介していきたいと思います。

黒焼き玄米茶って?

黒焼き玄米茶とは、その名前の通り玄米を黒焼きにして、それを煮出して作るお茶のことです。

使用する玄米はモミ付きのもの、モミを取り除いたもののどちらでも使用でき、土鍋を使ってじっくりと火をかけ水分を飛ばし、真っ黒になるまで焼きます。所要時間は2時間程度です。

手間も暇も掛かる作業ですが、出来上がった黒焼き玄米は香り芳しく、それを煮出したお茶を飲むことで様々な健康効果が得られることが知られています

 

効果&効能について

さて、では具体的にどのような効能があるのでしょう。

よく言われるのが、デトックス効果です。

もともと健康に良いとされる玄米を黒焼きにすることで、いわゆる「炭」としての構造を有するようになり、これを体内に取り入れることで腸内の不要なものを吸着して排出を促します。便通もよくなります。

→玄米茶の効果&効能について

これにより腸内環境が整えられ、免疫力の向上や体調の健康維持につながると考えられます。腸内環境の悪化は、例えば、下痢や便秘といった直接的なものだけでなく、慢性的な疲労やだるさ、頭痛といった肉体的な悪影響、さらには不安やうつといった精神面にも悪影響を及ぼし、様々な病気を招く要因になりえます。

逆を言えば、腸内環境を良好に整えることで様々な健康効果が得られ、これが黒焼き玄米茶の優れた効能であると言えます。

 

副作用と注意点について

では、黒焼き玄米茶に副作用はないのでしょうか。

残念ながら”ない”とは言い切れないでしょう。様々な健康効果を有するということは、人の体に様々な影響を及ぼす力を有するということです。それがマイナスに働くことがあれば、それは副作用となります。

さて、では効能の時と同様に、具体的な副作用について触れてみましょう。

下痢や腹痛といった症状です。

これは、黒焼き玄米茶が体質的に「合わない」人に現れる症状です。黒焼き玄米茶は、その効能を最大限に引き出すために、しっかりと煮出すことが多いです。あるいは、するつぶした黒焼き玄米をコーヒーのように淹れることもあり、どちらにせよ、お茶の濃度は濃くなります。すると、体質的に合わない人がこれを飲んだ場合、下痢や腹痛を起こします。

濃度を薄くすれば改善されるかもしれませんが、そうすると、健康効果も薄れることになります。

黒焼き玄米茶は、様々な健康効果を有する優れた飲み物です。体質的に合わない人、その苦みにある味に拒否感を覚える人に対して無理に進めるものではありませんが、しかし、それが苦にならない人については健康の維持管理のために是非飲んでみてほしい飲み物です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る