玄米茶は美味しいだけじゃない|健康効果と作り方について

飲みやすくどんな食事にも合うお茶と言えば”玄米茶”ですよね。

最近ではペットボトルで続々と発売され、その注目度はアップしています。そんな玄米茶、実は健康効果・美容効果が期待できるんです。

今回は玄米茶の魅力について迫ってみました。

玄米茶の健康効果について

玄米茶はお茶と同量程度の炒った玄米をブレンドして作られたお茶です。つまりお茶の健康効果だけではなく、玄米の栄養成分も含まれているお茶、というわけなんですね。また、お茶の分量が少ない分、カフェインも少なくなるためお年寄りや子どもにも愛されるお茶でもあるんです。

そんな玄米茶に含まれている健康成分ですが――
・GABA
・γ-オリザノール
・ビタミンE
・ビタミンB群
・ビタミンC
・カテキン
・テアニン

まず最初に、GABA。アミノ酸の一種であり、コレステロールと中性脂肪の増加を抑える効果、リラックス効果が期待できます。γ-オリザノールは、ポリフェノールの一種であり、肥満や糖尿病を予防する働きを持ちます。その上悪玉コレステロールを減らしてくれる効果もあります。

ビタミンEは、抗酸化作用が高いビタミンです。血行促進に効果アリ。若返りビタミンとも言われており、アンチエイジングに欠かせない栄養素です。

ビタミンB群は、代謝を助ける働きを持ち、アンチエイジングの面においても健康の面においても欠かせません。

ビタミンCは免疫力を高める効果があり、風邪予防に○。カテキンは血糖値の上昇を抑える働きや肥満を予防する効果、テアニンにはリラックス効果が期待できます。

・玄米茶を飲むだけでここまで身体にいいとは衝撃ですよね。ストレス社会を生き抜く女性にかなりおすすめのお茶だということがわかりました。もちろん男性にもおすすめですよ。

おいしくて健康にいいなんて・・・最高ですよね。

そんな玄米茶、実はスーパーで購入するのではなく手作りもできるんですよ。次は、玄米茶の作り方です。

 

玄米茶の作り方について

材料:お茶(好みのものを適量) 玄米(適量)

まず最初に玄米を洗ってしばらく水にひたし、その後水を切ります。フライパンで玄米を炒ります。(この時はじけることがあるのでやけど注意)

焦げ付かないように木べら等でこまめにかき混ぜながら炒ります。こげ茶色になるまで玄米を炒ったら適量をお茶と一緒に急須に入れてください。後は普通のお茶をいれる時と一緒です。

炒り玄米は食べても◎なんですよ。自分で作った玄米茶は「文句なしにおいしい!」んだとか。香りもすごくいいそうですよ。難しくないですし、自分で作れば買うよりもさらに安心して飲むことができそうですよね。

自家製玄米茶作り、おすすめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る