珈琲(コーヒー)の効果&効能について|ガン予防にも効果的です

2000年代から日本で流行をしている珈琲。

珈琲といえば海外のイメージが強いという方もいるでしょうが、実は国別消費量で見るとヨーロッパの国々と比べても、日本の消費量は多いほうなのです。アメリカやブラジルには勝てないのですが、フランスやイタリアよりも日本国内で飲まれている数が多いというデータはあまり知られていないことですね。

では、その珈琲の効果を今回は説明していきたいと思います。

珈琲の効果&効能について

珈琲の代表的な効果といえば、眠気覚ましですね。

朝に飲む、受験生が寝ないように飲む、といったような用途で飲まれていることが多いと思います。これは代表的な成分である「カフェインの効果」となります。

→カフェインの効果について

カフェインには覚せい作用があり、目を覚ますことが可能です。

製法にもよりますが、お茶や紅茶よりも多量に含まれているのでその効果は大きいです。最も有名な効果といってもいいでしょう。

それ以外にも珈琲には効果があります。

☆ダイエット効果

☆肝臓に良い効果&ガン予防

☆二日酔い改善

☆美肌効果

これらの効果があります。

ダイエット効果

あまり知られていない効果ですね。

こちらは”カフェイン”の効果のひとつです。カフェインは脂肪の分解を加速させたり、自律神経である交感神経を刺激してエネルギー消費を高める働きがあります。

ただし、運動は必要ですよ。

カフェインは運動の1時間前に飲むことで、その効果を最大限に伸ばすことができます。集中力を向上させる効果と筋肉痛を和らげる効果があり、運動前にとても役に立ちます。

肝臓に良い効果&ガン予防

これは結構知られている効果でしょうか。

1日に1杯のコーヒーを飲む人は、肝硬変を発症する危険性が20%低下することがデータ出ています。

さらに、毎日2杯のコーヒーを摂取すると肝ガンの発症リスクが約4割減少することが明らかになっています。肝臓に対しての効果しか判明していないのですが、少なくとも肝臓にとって珈琲はとてもいい飲み物であると言えます。

最近の研究では珈琲にクロロゲン酸や、クロロゲン酸が分解してできるカフェ酸が”ガンの発生と増殖&転移”を抑えると言われています。

二日酔い改善

こちらも知られていない効果ですね。

二日酔いのときに起る頭痛はアセトアルデヒドと呼ばれる物質が主な原因となっています。

カフェインにはこのアセトアルデヒドを肉体の外に追い出し、脳の血液の循環をよくする効果があります。頭痛は解消されます。

美肌効果

珈琲には抗酸化作用を持つ9種類のコーヒーポリフェノールが含まれております。

ポリフェノールは紅茶や緑茶にも含まれていますが、珈琲はその量が圧倒的です。ポリフェノールは豊富な抗酸化作用があり、肌のハリや老化防止にはうってつけです。

 

最後に注意点

確かに珈琲は上記のように体にいい効果があります。

しかしガブ飲むはオススメできないです。というのも、カフェインを多量に摂取することは身体にとってあまり良いことではないので、1日に1~2杯くらいにしておきましょう。

くれぐれも飲みすぎには注意してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る