コーヒーの体に良い点と健康被害について|無糖コーヒーがおすすめ

スターバックスの台頭などで2010年代から日本では空前のブームが起こっています。

コーヒーには健康面で嬉しい様々なメリットがあります。

しかし飲みすぎるとカフェインの過剰摂取によるデメリットもあります。今回はコーヒーの良いところと悪いところをわかりやすく紹介してみようと思います。

コーヒーが体に良い点

まずは体に良い点からです。

1つ目の良い点として”ダイエットに嬉しい効果”があります。

それはコーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールには、脂肪の蓄積を抑えて燃焼を促すという作用があるためです。特に有酸素運動を行う前にコーヒーを一杯ほど飲んでおくと脂肪の燃焼を高める効果がより期待できるようになります。

さらにコーヒーに含まれる成分には、食後の血糖値を上がりにくくする働きもあると言われており、2型糖尿病を予防する効果があるとも言われています。

実際に海外の資料等には、コーヒーを毎日飲んでいる人は飲まない人よりも2型の糖尿病の発症率が低いというデータも存在しているようです。

このようにコーヒーには健康的にダイエットを行いたい方にとって嬉しい効果があります。

ただし、注意点としてはこれらのダイエット効果は”無糖のコーヒー”の場合ですので、砂糖入りのコーヒーなどは逆に血糖値を高めてしまうので注意が必要です。

2つ目の良い点として、コーヒーには抗酸化効果があります。

これはクロロゲン酸には、細胞を老化させる原因物質である活性酸素の働きを抑える作用があるためです。そのためコーヒーを日頃から飲む事は老化や癌の予防にも繋がるとも言えます。

3つ目の良い点として、脳の働きを高める効果です。

これは主にコーヒーに含まれるカフェインの作用であり、カフェインは脳の神経系に作用し、アドレナリンの分泌を高める効果があるためです。
例えば昼時の眠気などを改善し、仕事のパフォーマンスを高めたい時などには、コーヒーは有効だと言えます。

 

デメリットと健康被害について

コーヒーは体に良い点もありますが、残念ながら悪いところもあります。

こちらを紹介しないわけにはいかないでしょう。特にカフェインを多く含んでいますので、飲みすぎるとカフェインの過剰症によって次のような問題が発生する可能性があります。

引き起こされるのは「睡眠障害」や「カルシウムなどのミネラルを尿と一緒に排出してしまう」こと、妊娠中の女性の場合は「胎児に悪影響を与える」可能性もあります。

また、無糖ならば大丈夫ですが、過剰に砂糖を入れて飲む場合は糖分の過剰摂取になることもあります。こちらも怖いので、常に頭の中で警鐘を鳴らしておくようにしましょう。

カフェインには依存性もありますので、飲み過ぎには注意が必要です。

 

まとめ

コーヒーのメリットとデメリットをざっと紹介してみました。

いかがだったでしょうか?

適度に飲む分には様々な健康効果が期待できますが、カフェインには過剰症によるデメリットもあるため、飲み過ぎには注意しなければならいですね。健康効果を期待してコーヒーを飲用するなら無糖のものを選ぶと良いと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る