コーヒーにはちみつを加える効果について|美味しく健康になりましょう

毎朝のようにコーヒーを飲む方は全国に沢山います。

適量のコーヒーが健康にいいことは、最近よく話題になっています。昔はコーヒーは胃に悪いとか言われていたのに、時代が変われば認識も変わるものですね。研究の成果でしょうか。

とはいえ、飲みすぎは禁物です。1日1~3杯くらいが適量となっています。

はちみつを加える?

コーヒーが大好きという方が多くいますが、砂糖とミルクがなければ飲めないという方も結構います。

甘みがないと苦くて飲めないという意見は多々ありますね。子供だけでなく、大人でもこういった意見があります。ですが、白いお砂糖を入れるのには抵抗がある人も多くいます。

砂糖を多量に摂取することは肉体によくないですからね。

そこで注目を集めているのが「ハニーミルクラテ」です。

砂糖ではなくてはちみつが入っています。

何とも言えない優しい甘さで、ホッとする美味しい味が特徴です。家でも砂糖の代わりにはちみつをコーヒーに入れるようになった人も結構いるようです。

はちみつが健康にいいことは以前から知られています。

はちみつを入れることは「飲みやすさ×健康にいい」と2つの効果があります。

はちみつを加える効果について

コーヒー自体に健康効果があります。

→コーヒーの健康効果について

そこに更に、健康効果のある”はちみつ”を入れるとその相乗効果から素晴らしい健康飲料になることがわかっています。具体的にはコーヒーのカフェインで脂肪を燃やし、はちみつの豊富なビタミンやミネラルが美肌に効果をもたらせてくれます。

美容とダイエット両方に効果があります。

また、コーヒーとはちみつは風邪にも効果があります。特に咳を和らげてくれます。コーヒーのカフェインが気管を広げ、はちみつが喉の粘膜の炎症を抑えてくれます。

これが「コーヒーとはちみつの相乗効果」です。

その他にもコーヒーとはちみつはとても相性がよく豊富な栄養素で健康にとても良い効果をもたらせてくれます。コーヒーのカフェインによって体外に出されてしまったミネラルも、はちみつによって補ってくれます。

カフェインによって不足しがちなミネラルをはちみつが補充してくれるので、安心してコーヒーを飲むことができます。その他にもはちみつにはたくさんの種類のミネラルが含まれていますので、コーヒーとはちみつを一緒に摂取するのは健康には大変よいことです。

本当にはちみつは栄養の宝庫なので様々な健康効果があります。

特に胃腸にはすごくいいです。

一見すると「コーヒー×はちみつ」意外な組み合わせかもしれませんが、是非一度試していただきたいと思います。

まとめ

最後にメリットと効果をわかりやすくまとめましょう。

この組み合わせは特に味もマイルドになって美味しくなるので、個人的にとてもオススメしたい組み合わせです。

メリット&効果

☆苦いのが苦手な人でも飲めるようになる

☆砂糖よりも栄養が高く、デメリットが少ない

☆相乗効果でダイエットができる

☆はちみつが更なる栄養を与えてくれる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る