三年番茶の効果&効能の副作用について

お茶の種類には様々あります。

その中でも「番茶」はあまり話題に上がらないですね。製法は煎茶とほぼ同じですが、タンニンが多めで逆にカフェインは少なめになっています。

ちなみに名前の由来ですが一番茶、二番茶を摘んだその後の遅い時期に収穫される事から晩茶と呼ばれており、それが転じて変化したと言われています。

今回は番茶の中でも三年番茶について紹介したいと思います。

三年番茶とは?

三年番茶とは緑茶の一種ですが、新芽を使わずに緑茶の茶葉と茎を3年もの長い月日をかけて熟成させ焙煎したお茶の事を指します。

この3年熟成させた茶葉や茎を使うという事と、焙煎するという事が3年番茶が他の緑茶などのお茶とは異なっている点です。

3年熟成させて焙煎する事によって、緑茶に多く含まれているカフェインやタンニンが抜けてまろやかで香ばしいノンカフェインの飲みやすいお茶に仕上がります。

三年番茶の効果について

そんな三年番茶の効果はというと、まず身体を温める力があるという事です。

普通緑茶は陰性の飲み物で、身体を冷やすとされていますが三年番茶は陽性に近い中庸のお茶でとてもバランスが良い飲み物なんです。身体を温める事自体が健康や美容のために良い事は多くの人がご存じでしょう。

身体が温まれば、血行が促進され新陳代謝が活発になるなどの効果もあります。

胃腸や肝臓などの負担にもなるカフェインやタンニンが少ないため病み上がりなど身体が弱っている時にも三年番茶はオススメです。

更に緑茶の有効成分であるカテキンは豊富に含まれています。カテキンは抗酸化作用に優れているため細胞の老化を防ぎ、病気の予防やアンチエジングとしての効果を期待する事が出来ます。また近年ではその脂肪燃焼効果も注目されており、ダイエットや生活習慣病の予防にも効果を発揮してくれます。

三年番茶に含まれるビタミンCは、緑茶に含まれるものよりも熱に強いと言われており、身体に効率的に吸収する事が可能なんですね。ビタミンCにもカテキンと同じように抗酸化作用があるので、美容や健康面での効果が期待出来てしまうんです。

このように三年番茶には子供からお年寄りまで、嬉しい効能が揃っています。三年番茶は緑茶の刺激物を極力取り除き、身体への効果はアップというまさに緑茶の良いところどりをした健康茶だと言えるでしょう。

副作用について

でも、そんな三年番茶には副作用はないのでしょうか。

例えば緑茶はカフェインやタンニンが多いために、飲み過ぎると胃腸を痛めてしまう事があります。

また飲み過ぎると身体を冷やすといったデメリットもあります。

しかし、三年番茶には緑茶にあるようなデメリットがなく副作用を気にすることなく安心して飲めるお茶となっているのです。

効果が高いものは、副作用も大きいというイメージがありますが、三年番茶はそういった欠点を克服したお茶となります。効果が高い事に加えて、副作用がないお茶だからこそ身体を大切にしなければいけない妊婦さんにもオススメされたりマクロビの世界でも人気となっているんですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る