粉末緑茶と抹茶の違いって?粉末緑茶が人気の理由について

粉末緑茶が注目を集めています。

くら寿司が使用していることで注目を集め、その美味しさと健康効果から家庭でもいただく人が増えています。

抹茶も見た目は同じ粉末状となっています。パッと見ただけではその違いを見分けるのは難しく、本当にそっくりです。

粉末緑茶と抹茶の違い

さて、この2つの違いについてです。

違いについて説明するのはとても簡単です。

抹茶=碾茶を粉末にしたもの

粉末緑茶=煎茶を粉末にしたもの

これが違いです。

粉末にするお茶の種類が違うという、非常にわかりやすい違いです。しかしこれだけではちょっと分かりにくい点がありますよね。

抹茶について

抹茶は碾茶を粉末にしたものです。

碾茶は、普通とは違う方法で育てた茶葉です。具体的には茶を摘採まで20日以上太陽の光を遮って育てた茶葉のことです。その生葉を蒸して揉まずに乾燥したものです。余分なものを取り除いて作られたお茶と言い換えてもいいでしょう。

とても大きな手間が掛かります。

石臼で挽いて粉末にするのですが、非常に面倒な作業です。

抹茶が高価なお茶な理由はそこにあります。

粉末緑茶

粉末緑茶は煎茶を粉末にしたものです。

煎茶は一般的に飲まれている普通の茶葉のことです。日本で暮らしていればまず間違いなく一度は口にしたことがあります。急須で淹れるお茶の普通といえば煎茶です。

抹茶に使う碾茶とは違い、直射日光を当てて育てた茶葉です。

茶葉は日差しを浴びると、渋み成分のカテキンが増加します。煎茶は碾茶に比べて旨みの成分が少なくなっていることが特徴です。、機械を使って細かく粉末状にすることで粉末緑茶となります。

手間もあまり掛かっていないので、値段も抹茶にくらべて安価になっています。

違いとしては”原料になる茶葉の違い”ですね。

 

粉末緑茶が人気の理由について

2010年代から急激に伸びてきた粉末緑茶。

その人気の理由ですが、いくつかあります。

1つは値段です。

粉末緑茶は上記のように手間があまり掛かっておらず、安値で購入することが可能です。値段が安いというのはご時世的にも納得の理由といえるでしょう。

2つ目はゴミの有無です。

ティーパックや急須で淹れるお茶との違いとして「ゴミが出ない」という点があります。茶殻などもなく、ティーパックのような捨てる物も出ないのが粉末緑茶です。

3つ目に手軽さです。

お湯を沸かすだけで簡単に作ることが出来ます。急須など他に用意するものがないのは忙しい現代人にとって嬉しいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る