粉末緑茶の効果&効能について|デメリットはあるの?

粉末の緑茶が注目を集めています。

通称”粉末茶”と呼ばれる種類ですが、こちらは健康にいいという点から注目されています。それは事実なのでしょうか。

さて、今回はこの粉末茶の効果&効能についてご紹介したいと思います。

粉末緑茶の効果&効能について

そもそも粉末緑茶についてですが、これは茶葉を粉末状に加工したものです。

特徴としては手軽に茶葉に含まれている栄養を摂取できる点ですね。茶葉を粉末にしているので茶葉に含まれている健康成分を摂取できます。

あまり聞いたことがないという人は回転寿司を思いだしてください。

回転寿司屋にもよりますが、粉末のお茶があると思います。

粉末緑茶はその名の通り、茶葉を粉末状に加工したものです。人気の理由はティーパックなどと違って捨てる物が出ない点と、上記のように健康成分を直接摂取できる2点です。

なので、本来の緑茶の効果をより効率よく摂ることができます

☆美白効果

☆ダイエット効果(脂肪燃焼)

☆風邪予防

☆ガン予防

☆二日酔い防止

☆ストレス解消

緑茶本来にはこういった効果があり、粉末緑茶はさらに効率よく摂取できます。

緑茶に含まれる健康成分の代表であるカテキンは、急須で入れると茶葉に含まれている量の3割程度しか出てこないといわれています。粉末緑茶ならばすべて摂取できます。

手軽であり、効果が高い粉末緑茶が注目されるのは当然でしょう。主婦層から支持を集める理由がよくわかりますね。

デメリットはないの?

さて、ここでは粉末緑茶をベタ褒めしました。

しかし粉末緑茶は最近でこそ流行しましたが、これまで私たちの生活の中心とはなりませんでした。多くの方は緑茶といえば「急須で淹れる、ティーパック、ペットボトル」という3つから選択してきました。

粉末緑茶にはデメリットが存在します。

それが”保存の難しさ”です。

茶葉は非常に繊細で、あっという間に劣化します。空気に触れただけでも劣化の原因となります。これはすべての茶葉に言えることです。

しかも粉末にしてしまうと表面積が大きくなるので「光、熱、水」などの影響を強く受けてしまいます。これが大きなデメリットです。

実はこれまで私たちの生活の中でいまいち脚光を浴びなかった理由が保存の難しさなのです。粉末を一気に使い切るのは難しいので、どこかに保存しておかなければならないという事情がありました。

技術の進歩によって粉末緑茶の保存が簡単となり、2000年後半の健康ブームに乗っかって流行しました。

自宅で粉末緑茶を作成し、使用しようと考えている方はくれぐれも保存方法に注意してください。

☆日光の当たらない場所で保管する

☆湿気に注意して必ずフタをする

☆空気に触れないようにフタをする

☆高温は避ける

☆冷蔵庫は他の食品に匂いがつくので避ける

こういったことに注意して保存してください。

冷蔵庫の保存は別の理由として、夏場は部屋との気温差で入れ物に湿気がついてしまいます。冷蔵庫はオススメしません。

直射日光が当たらない場所で、必ずフタをして保管してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る