ダージリンティーの効果&効能について

日本で最も有名な紅茶と言ってもいいダージリン。

日本だけではなく、世界でも愛されている紅茶です。世界三大紅茶の1つとして有名です。紅茶の中でも特に香りを重視される紅茶であり、その香りから「紅茶のシャンパン」と呼ばれることもあります。

ダージリンティとは?

名前の由来なのですが、インド北東部西ベンガル州北部のダージリン地方で生産される紅茶の総称です。

強い香りが特徴的なのですが、ダージリンが強い香りを放つのは寒暖の差の激しい標高の高い山地で生産されているためです。

世界三大紅茶として君臨し、紅茶の王様として扱われます。余計なものは入れず、ストレートで香りと共に楽しむのが王道です。ちなみに世界三大紅茶は「ダージリン、ウバ、キーマン」の3種類です。

紅茶にも緑茶でいうところの「1番茶、2番茶」というものがあり、紅茶では「ファーストフラッシュ、セカンドフラッシュ」と呼ばれます。

旬として飲まれるのはセカンドフラッシュです。

ダージリンは栽培している環境が標高2000メートルを超える山で、一年中収穫できる気候ではないです。収穫時期は年に4回あり、収穫時期によって味や香りが変化します。

ファーストラッシュ・・・3月~4月

セカンドラッシュ・・・・6月~7月

サードラッシュ・・・・・7月~9月

オータムナル・・・・・・10月~11月

このようになっています。ただし、サードラッシュはカウントしない場合があります。

旬として扱われる最高のクオリティはセカンドラッシュの際に摘まれたものです。

 

効果&効能について

ダージリンには様々な効果があります。

紅茶は健康効果の高い飲料です。紅茶自体に「ダイエット効果、殺菌効果、インフルエンザ予防効果」など体にとって嬉しい効果が多くあり、毎日飲みたい飲料です。

→紅茶の効果&効能について

さて、ここではダージリンが持つ特有の効果について説明していきます。

ダージリン自体にも紅茶本来の効果があるのですが、その中でも特筆したいのは「リラックス効果」です。

紅茶には成分のひとつ”テアニン”が含まれています。アミノ酸の一種ですが、リラックス効果があります。私たち人間は脳がリラックスしているときは脳にα波が出ています。テアニンを摂取すると、このα波が増えます。

ダージリンにはテアニンが多く含まれています。

さらに、ダージリンには特有の強い香りがあります。

この香りが強いリラックス効果を生み出し、心身に癒しの効果を与えます。また、カフェインが含まれているので疲労回復効果を期待することができます。

 

注意点について

癒し効果のあるダージリンですが、注意点があります。

それはお茶に付き物な”カフェイン”の存在です。

適量ならば大丈夫ですが、多量摂取は危険なので程々にしてください。カフェインの多量摂取にならないようにだけ注意してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る