ホワイトデーのお返しに紅茶を送る意味と文化について

男性にとって重要な日といえばホワイトデー。

会社に勤めている人ならば義理チョコを貰うこともあり、彼女から本命チョコを貰うこともあったでしょう。会社によって仕方なく付き合いで義理チョコを配る女性社員もおり、男女どちらにとっても面倒な行事とも言えますね。

そのお返しとなる「ホワイトデー」です。

男性にとっては面倒ですが、貰ったからには返さなければならないですね。

ホワイトデーのお返しについて

バレンタインのお返しですが、安易なものを返すのはNGです。

彼女に貰う本命チョコならば別ですが、会社では義理チョコが配れる場合があります。勘違いしてはならないのは、女性も配りたくないチョコを配っているという点です。

いろいろなランキングで出ていますが、女性は「なにもいらない」という回答が多いです。

女性としては義理で配ったチョコで恩義をそれほど感じてほしくないのです。特に彼氏がいる女性が義理チョコを配ったことで、相手の男性から高価なものを貰うのは避けたいところです。

男性のほうもその心理をよく理解することが重要です。

女性は義理チョコを”年中行事のひとつ”、あるいは”会社の義務”と捉えています。

 

お返しにNGなもの

男性の立場になると、お返しを考えます。

そこで出てくる選択肢は多くありますね。例えばお菓子だったり、現金だったり、貴金属だったり、洋服だったり、いろいろな選択肢が出てきます。

こういった物はNGです。

本命の彼女の場合は別ですよ(笑)

しかし、会社の義理チョコで大げさなお返しをすると女性のほうが困惑してしまいます。年中行事という認識という女性が多いので、高級品をあげるのは止めたほうがいいでしょう。

 

ホワイトデーには紅茶ギフト

166075000

昨今、ホワイトデーには紅茶を送る文化が流行しています。

こちらの意味合いについてですが、文字通り「お返し」ですね。日本では最近「紅茶」と「珈琲」が流行しています。

紅茶はギフトとしてもよく選ばれることがあります。ホワイトデーだけでなく、お歳暮やお中元などの多岐にわたる場面で活躍します。

義理チョコを贈った女性が喜ぶのは「形に残らないもの」です。

ティーパックの詰め合わせなどは数百円~千円くらいで購入可能です。それほど効果ではなく、形にも残らないので「義理チョコのお返し」にはピッタリです。

それだけでは足りないという方は「ジャム」や「クッキー」といったアイテムを付随させると喜ばれる可能性がアップします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る