紅茶の茶葉の再利用方法と各家庭の再利用事情について

紅茶の茶葉には再利用方法があります。

多数の用途があるのですが、今回は各家庭でどのような再利用方法をしているのか意見をうかがいました。なにかの参考になれば幸いです。

紅茶の出がらしは脱臭剤になります

リーフティーをよく飲みます。

濃い紅茶が好きなので、茶葉はたっぷりめで淹れますが、出がらしの紅茶をいつももったいないと思い、乾燥させて、ガーゼのような目の粗い布きれでくるんで、脱臭剤として再利用しています。

もとは食品なので、冷蔵庫で使用することが多いのですが、下駄箱に入れると効果的な感じがします。

ティーバッグの場合は、そのまま乾燥させ、脱臭剤として使ってもいいのですが、シンクの掃除に使っています。

汚れを落とすだけでなく曇り防止の効果もあるらしいし、ティーバッグの大きさは細かい部分をふき取るのに丁度よいです。ティーバッグは意外と丈夫ですし、仮に破れてしまっても、シンクの掃除なら差し障りがなく便利です。

紅茶を飲んだ後は

紅茶の一杯目をおいしく飲んだ後、まだその葉からはまだ紅茶ができます。

二杯目までくらいなら、まだおいしいとは思いますが、もう良いかな、となる時も多いのではないでしょうか。

その葉にお湯を注いで長く待ち濃い紅茶を作り、それをうがいに使うと紅茶のカテキンの成分が無駄になりません。カテキンには、殺菌作用があると言われています。冷めてから容器に入れて冷蔵庫で保管すると、何日間かはうがいに使用できると思います。

その出がらしを乾燥させれば、脱臭剤にも使えます。そして最後は土の上にのせて、植物の肥料にすれば、本当に無駄がありません。

紅茶を飲んでくつろいだ後は、その出がらしもどんどん生活に役立てていきたいと思います。

再利用茶葉が大活躍

我が家では、美味しく頂いた後の紅茶の茶葉を、天気のいい日に天日干しして、乾燥させてから靴箱に入れています。以前、消臭剤になると本で読んでから試しています。

うちには小さな子供がいるので、茶葉がこぼれないよう、薄いネットになっている袋や、お茶パック、空の消臭剤の入れ物などに入れてつかっています。

実際、消臭できているのかわかりませんが、時々ほのかに大好きな紅茶の香りがして、気に入っています。

よく紅茶を飲むので、こまめに取り替えています。また、紅茶風呂も聞いたことがあったので、試してみましたが、これはイマイチでした。

紅茶の香りはしましたが、入浴剤のようなリラックス感はありませんでした。紅茶の再利用には靴箱の消臭剤がいいですよ。

紅茶の茶葉は捨てる前に再利用

紅茶の出涸らしはすぐに捨てず、再利用しています。

ティーバッグでも茶葉でもどちらでも構わないのですが、お湯を注いでうがい薬のかわりに使うことができます。

紅茶に含まれるカテキンなどの成分に殺菌効果があるのだそうです。もともとは飲料ですから、誤って飲み込んでしまっても大丈夫です。

また、出涸らしを乾燥させると、簡易的な消臭剤にもなります。

これもカテキンの効果なのですが、臭いの成分に茶葉の匂いが吸着し、悪臭を抑えると言われています。

ティーバッグの場合はそのまま乾燥させて使えますが、茶葉の場合はフライパンで乾煎りした後、100均などに売られているお茶用の不織布フィルターに入れると良いでしょう。

コンパクトなので場所を取らず、冷蔵庫、下駄箱、靴の中、三角コーナーやゴミ箱などにも手軽に利用できます。経済的ですし、手間もあまりかからないのでおすすめです。

紅茶のでがらし、もったいない

私は紅茶の出がらしを消臭剤として再利用しています。

下駄箱の中に入れて紅茶の消臭成分を利用して消臭剤にかかる費用を節約しています。
効果は、あると思います。我が家の靴箱はほとんど匂いません。

消臭剤の作り方は、私のオリジナルで正しいものかどうはわからないのですが、簡単です。

紅茶の出がらしが出るたびに外にパックや、もしくはトレーに入れた状態で乾きやすい場所で干して、ある程度たまっていったら、完全に乾燥させるためにフライパンでカラカラになるまで炒ります。

これで、使い古しのストッキングや、排水溝ネットに入れても良し。器に入れてこぼれない場所に(玄関以外でも)置いておくと自然な匂いのする消臭剤の出来上がりです。

炊飯器ケーキ

普段ならそのままゴミ箱へポイになる紅茶のでがらし。

我が家ではそんな紅茶の出がらしでケーキを作ります。

ケーキと言ってもそんな立派なものではないんですよ。炊飯器のお釜にバターかマーガリンを塗ります。そしてホットケーキミックスと紅茶の出がらし茶葉と牛乳を混ぜた物を入れてスイッチを入れるだけです。

初めて作った時は出がらしでなく普通の紅茶の葉を入れていたのですが、子供が嫌がって食べてくれなかったんです。紅茶の風味が嫌だったみたいで、ふと出がらしなら風味も抑えれるのでは?と思い、出がらしに変更してみました。

すると嫌がらずに食べてくれたんです。今ではこの出がらしケーキにジャムをつけて食べるのが子供のお気に入りです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る