紅茶成分でノロウイルスが抑制か?

紅茶に素晴らしい効果が期待されています。

紅茶由来成分でポリフェノールの一種「テアフラビン類」が抗ウイルス作用を持つことを世界で初めて発見したと、静岡県環境衛生科学研究所が発表しました。この効果が実証されれば嬉しい限りですね。

これは世界的に大流行しそうです。

紅茶成分でノロウイルス抑制効果か

静岡県環境衛生科学研が紅茶の新しい可能性を発見したと報道がありました。

研究所は2011年度から15年度までの5年間に渡り、県立大創薬探索センターやファルマバレーセンターと共同でノロウイルスの消毒薬に利用可能な薬を探していました。

その結果として、お茶の発酵過程で生じるテアフラビン類にウイルス感染力を大幅に低減させる効果があることが判明しました。

実験ではネコの細胞を使い、ウイルスの感染力が約千分の1になるなど、3種類のウイルスに効果があることが判明しました。

テアフラビン類は肌に優しく、金属の腐食や塩素臭もないので手洗いの消毒薬への利用を目指すと発表しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る