紅茶の効能&効果について|寝る前に飲むのはNGなの?

日本人にとって馴染み深い緑茶の効果は素晴らしいものがあります。

効果についてはこちらの記事で紹介していますが、その健康効果に日本だけでなく海外でも注目が高まっています。

日本では逆に年々、ライバルとも言うべき紅茶が人気になっています。

こちらの紅茶ですが、実は緑茶に負けないくらい様々な効果と効能があります。

紅茶の効能&効果について

紅茶には健康効果があります。

その理由は成分にあります。具体的には「カフェイン、タンニン」という緑茶にも含まれている成分です。カフェインの量は製法にもよりますが、緑茶よりも多く含まれています。

カフェインは覚せい作用、脂肪燃焼作用、利尿作用などがあります。中毒などがあり、マイナスなイメージもありますが量を守れば身体にとってプラスの効果があります。

緑茶にも含まれているタンニンには殺菌作用があります。こちらは殺菌だけでなく、風邪予防に口臭予防という働きも望めます。

また、紅茶はボツリヌス菌に対する殺菌効果が緑茶よりも強いことが判明しています。インフルエンザウイルスの感染を阻止する作用があります。

実際に、紅茶による1日2回のうがいによって、インフルエンザの感染率が低下したと専門誌に報告されています。これは紅茶もそうですが、緑茶でも同じことがいえます。

緑茶うがい、紅茶うがいはメリットが多いので是非とも行ってください。

他にもダイエットにも効果があります。これは紅茶に含まれるカテキンが影響しています。この成分糖分分解酵素があります。また、カフェインには脂肪を燃焼させる作用があります。これによってダイエットに効果があると言われています。

利尿効果は身体の余分な水分を排除し、減量に効果があります。

その他にも、紅茶にはリラックス作用があります。

こちらは成分のテアニンが要因です。紅茶のうまみと甘みを醸し出すアミノ酸の一種ですが、リラックス効果があります。私たち人間は、脳がリラックスしているときは脳にα波が出ています。テアニンを摂取すると、このα波が増えることが実験でわかっています。

紅茶の主な成分であるポリフェノールは、ガン細胞が別の血管に接着するのを著しく阻害する

紅茶の効能まとめ

紅茶には上記のような作用があります。

では、判明している効能と効果をわかりやすくまとめていきたいと思います。

☆殺菌作用

☆風邪、インフルエンザの予防作用

☆虫歯予防

☆ダイエット効果

☆リラックス効果

これだけの効果があります。

美味しいだけではなく、メリットも多い紅茶です。特に上記で説明した「紅茶うがい」はインフルエンザに関してだけ見れば緑茶よりも上です。

積極的に取り入れましょう。

寝る前に紅茶を飲むのはNGなの?

紅茶にはカフェインが含まれています。

覚せい作用があるので、夜に摂取するのは眠れなくなると言われています。

これは事実です。

紅茶だけでなく、緑茶でも珈琲でも一緒です。珈琲にはカフェインが含まれており、緑茶にも少量ながらカフェインとカテキンが含まれています。

寝る前に摂取するのはやめたほうがいいでしょう。

1杯くらいならばそれほど大きな影響はないでしょうが、がぶ飲むするのは危険です。

約300mgのカフェインを摂取しないと睡眠に影響がでることはないので、量にだけは気を付けてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る