風邪を治すのに役立つ「紅茶」と「はちみつ」の最強タッグ

辛い風邪を治すには薬を使用したり、病院に行ったりするのが最善です。

しかし仕事で忙しいなどの理由で病院に行けなかったり、風邪なのか単なるノドが痛いだけなのか微妙な時にあまり薬を使いたくないという人もいるでしょう。そこで役に立つのお茶です。

お茶には風邪を予防する効果があります。

更に、その中でも「紅茶とはちみつ」の組み合わせにはノドにとって非常に嬉しい効果があります。

紅茶が風邪に効く理由

噂で聞いたこともあるでしょう。

そう、紅茶や緑茶には「風邪を予防する」という効果があります。

その効果を発揮してくれる成分が”カテキン”です。殺菌作用があるカテキンは風邪予防にも非常に有効で、お茶を代表する成分として有名ですね。インフルエンザの予防にも役に立つので、うがいなどで使用することで大きな効果を得られます。カテキンは風邪になった後でも殺菌作用があるので、うがいで使い続けることをオススメします。

→カテキンの効果について

さて、一見すると似ている緑茶と紅茶です。しかし風邪を治すことに掛けては紅茶のほうが優秀です。

紅茶には「テアフラビン」という成分が含まれています。こちらの成分は喉の痛みの原因であるインフルエンザウイルスの増殖や活動を抑えてくれます。ノドが痛い場合は紅茶のほうを使用しましょう。

ただし、注意点として挙げたいのは冷たい紅茶はNGであるという点です。

風邪を引くとノドが乾燥します。乾燥すると咳が酷くなるため、それを守るために水分を摂ることは重要です。その際に冷たいお茶を飲むと刺激で気管が収縮し、変わらず咳が出るので注意してください。必ず温かいお茶にしてください。

 

風邪に嬉しい”はちみつ”の効果って?

はちみつの効果についても触れましょう。

ご存じの方も多いでしょうが、はちみつには多くの栄養が含まれています。

更に、はちみつにはグルコン酸が含まれています。グルコン酸は医療現場で傷口の消毒、医療用具の消毒にも使われているで非常に強力な殺菌作用を持っています。

ノドの痛みを抑えるだけでなく、炎症も抑えてくれます。

アメリカの研究で咳止めの効果が高いことが証明され、薬と同等以上の効果があることが判明しています。口内炎にも効果があり、その成分と効能から天然の薬と呼ばれることもあります。

同様に含まれている「コリン」や「パントテン酸」には肝臓を強化する効果が期待できます。殺菌効果だけでなく、二日酔いの防止や解消にも効果を発揮してくれます。

 

紅茶とはちみつを合わせる

殺菌効果が高いことはご理解いただけたと思います。紅茶とはちみつには共に殺菌&抗菌作用があり、ノドの炎症を和らげる効果があります。

しかし、同時に摂ることに意味はあるのでしょうか?

意味はあります。

それは「紅茶が飲みやすくなる&効果的にはちみつが摂取できる」という点です。

紅茶を好きな人はいいのですが、子供だと苦くて美味しくないと感じることもあります。その紅茶に甘いはちみつを加えることで美味しく召し上がることが可能です。

また、効果的にはちみつを摂取できるのも嬉しい点です。

はちみつを直接飲むのは難しいですよね。風邪を引いているときはパンもあまり食べたくない人もいるので、飲み物に混ぜることで効果的かつ多くの量を摂取できます。無論、温かい紅茶に入れることが前提ですが。

1つでも効果はありますが、紅茶とはちみつを合わせることで更に効果がアップします。是非ともお試しください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る