紅茶&緑茶(お茶)のティーパックの淹れ方について|1個で何回まで使用できるの?

紅茶や緑茶を楽しむ際に最近ではティーパックを使用する方が多いと思います。

ペットボトルもいいですが、自宅でゆっくりと雰囲気を味わいたい時などは重宝しますよね。手間が掛からず簡単で、すぐに飲めるティーパックの存在は「ティータイム」を根付かせてくれた貴重な存在です。

紅茶の淹れ方(ティーパック)

ティーパックを使用して紅茶を入れる人は非常に多いと思います。

緑茶は茶葉で購入し、急須を使っているという方がまだまだ多いですが、日本で紅茶といえばティーパックが多いですね。

美味しい淹れ方についてですが、緑茶とは手順がちょっと違います。

簡単にわかりやすく説明していきましょう。

用意するもの・・・

ティパック、ティーカップ、(ポット)

手順1、カップを温める

手順2、熱湯を沸かす

手順3、カップに熱湯を入れ、ティーパックを淹れる

手順4、お皿などでフタをして蒸らす

手順5、フタを取って飲む

ポットを使用する場合ですが、その場合はポットにティパックを入れてください。そこに熱湯を注ぎ、カップに移してください。

これだけです。

フタをする場合は皿でもいいのですが、面倒ならラップで大丈夫です。重要なのは蒸らすという行為です。フタをすると香りを逃がさずしっかり蒸らすことができます。

 

緑茶淹れ方(ティーパック)

続いて緑茶のティーパックについてです。

紅茶に比べるとティーパックを使用する人は少ないでしょうが、忙しい昨今のご時世には合っていますね。ペットボトルが圧倒的に需要を増やしていますが、ティーパックも頑張って売り上げをアップしています。

こちらも淹れ方については紅茶と同じです。

用意するもの・・・

ティーパック、ティーカップ、ポット

手順1、ポットにティーパックを淹れる

手順2、熱湯を沸かす

手順3、ポットに熱湯を注ぎ、その後にカップに注ぐ

※この手順が理想ですが、ポットがない場合は、カップにティーパックを入れて熱湯を注ぎましょう。緑茶の場合はポットに一度入れてからのほうがオススメです。

※の理由ですが、緑茶の理想温度は紅茶よりも低いので、緑茶はポットに移してからカップに注ぐほうが温度が低くなるのでちょうどいい温度で飲むことができます。

 

1個のティーパックは何回使えるの?

この疑問についてお答えしましょう。

1個のティーパックを取り出したときに「1杯だけじゃ勿体ない」と考え、いくつものカップで使用している方がいます。

基本的には「紅茶も緑茶も1個で1杯が理想」です。

あくまでも基本です。別に1個のティーパックを何回も利用してはいけないという決まりはないので、人それぞれとも言えます。2杯目以降は薄くなっていくので、味を気にする方は取り替えてください。

複数人で飲む場合などは最初に大きなポットに注いでから分けましょう。そうすれば1個のパックで数杯飲むことが可能です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る