緑茶と紅茶と珈琲のカロリーの違いについて

お茶の間に気になってしまうのが”カロリー”です。

喫茶店やスターバックスに頻繁に通う方は多いと思いますが、特に女性が気にするのがカロリーです。最近では健康志向が高まり、男性でも気になる方が多いですね。

緑茶と紅茶のカロリーについて

お茶は大きく分けて3つに分類されます。

それが「不発酵茶、半発酵茶、発酵茶」の3つです。この3つについては別の記事で紹介しています。

→緑茶の種類の一覧について

では、早速紹介していきましょう。カロリーについてはあまり知られていないことですが、お茶はすべてツバキ科の茶の木を原料にしているからです。

その種類でカロリーが大きく変わることはないです。緑茶も紅茶も元々は同じなのでカロリーの大差はないです。

不発酵茶のカロリー

食品名 kcal 容量
抹茶 10 100ml
玉露 5 100ml
煎茶 2 100ml
麦茶 1 100ml
番茶 0 100ml
ほうじ茶 0 100ml
玄米茶 0 100ml
釜炒り茶 0 100ml

不発酵茶のペットボトル

商品名 kcal 容量
伊右衛門 0 100ml
お~いお茶 0 100ml
生茶 0 100ml
十六茶 0 100ml

半発酵茶

商品名 kcal 容量
ウーロン茶 0 100ml
プーアル茶 0 100ml

発酵茶

商品名 kcal 容量
紅茶 1 100ml

 

珈琲のカロリーについて

珈琲

続いて珈琲のカロリーについて紹介していきます。

喫茶店やファミレスの中には何杯もおかわり自由な場所もあり、珈琲をガブ飲みするという方も多いでしょう。

食品名 kcal 容量
ブラック 4 100ml
砂糖入り珈琲 30 100ml
ミルク入り珈琲 20 100ml
インスタント 288 100ml
ミルクココア 412 100ml

このようになっています。

珈琲をガブ飲みするという方も多いでしょうが、基本的にはカロリーが少ないことが特徴なので安心してください。ブラックであればカロリーについては問題なしです。

砂糖やミルクを入れることで一気にカロリーは大きくなるので注意してください。

ただし、カフェインは多いのであまり飲みすぎはよくないですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る