お茶(緑茶や紅茶)で薬を飲む組み合わせって効果がないの?

今回は日常の疑問についてお答えしたいと思います。

その内容はずばり「薬をお茶で飲むことはいいことなのか」についてです。この内容については実のところ結構な人が困っている問題だと思います。

薬を水で飲む理由

そもそも薬を水で飲む理由についてです。

実はその理由はいくつもあるのですが、薬を飲む際に水分が大事ということはご理解いただけているかと思います。薬といっても種類は多くありますね。

粉末の薬もあれば、カプセル状の薬もあり、様々です。

水を使用することのメリットですが、1つは薬を簡単に飲むことが可能という点です。

飲む薬(つまり内服薬)は口の中で唾液や水と混ざり、食道を通って胃に運ばれます。水を含まずに薬だけを飲み込むと、食道や胃の粘膜に直接触れてしまい、それが刺激になって粘膜に障害を起こすことがあります。

では、続けて2つ目のメリットなのですが「水」が適していると言われる理由について説明していきましょう。

薬を飲む際に注意書きなどをみると必ず記載されているのが「水かぬるま湯で飲む」というものです。

薬の周りに水分があると、有効成分が溶け出しやすくなります。

基本的には効果はそれだけです。

水と薬を一緒に飲むことで「有効成分が溶け出しやすくなり、飲みやすくなる」というものだけなのです。むしろそれが薬にとってはありがたいことです。

 

他の飲み物がダメな理由って?

水が薬にメリットがあるというより、他の飲み物で薬を摂取することにデメリットがあります。

例えば「アルコール」です。

アルコールなどは絶対にNGです。

アルコールは多くの薬の働きに影響を及ぼします。鎮静剤、飲むと眠るなる成分が入っている風邪薬、抗アレルギー薬などと一緒にお酒を飲むと、作用を増強させてしまいます。特に眠気については非常にまずく、意識障害を引き起こす危険性もあります。

乳酸菌飲料などもオススメできないです。

人気のある牛乳も注意が必要です。有効成分が牛乳中のカルシウムと結合して、効果が半減してしまうものがあります。

 

お茶はダメなの?

さて、本題であるお茶についてです。

お茶に関してですが「基本的にはNG」です。

その理由としては”カフェイン”です。カフェインも薬との相性が良くない物質の一つです。カフェインを多く含む飲み物と一緒に飲むと作用が強く出てしまいます。吐き気などを引き起こす可能性があります。

ただ、それはあまりにも量が多い場合の話です。

急須で淹れた玉露などはカフェインが多いので注意ですが、ペットボトルのお茶程度ならばそれほど問題ないです。最近ノンカフェイン茶も流行っています。

最終的に”まとめ”となりますが「効果はあるものの、カフェインが多い飲料には注意が必要」というものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る