好きなお茶の種類は?一番好きなお茶の種類を聞いてみた

お茶には多くの種類があります。

今回は「好きなお茶」について意見をうかがいました。個人的には玄米茶が最も好きですが、皆様はどういったお茶が好きでしょうか?

香ばしさが魅力の玄米茶が一番

両親ともお茶を良く飲む家庭環境だったためか、自分自身も物心がついた頃から色々なお茶を飲んでおり近所の方に驚かれたという話を聞いたことがあります。

基本的には煎茶を良く飲むのですが、一番好きなお茶と言われればそれは「玄米茶」でしょうか。

しかし玄米茶であれば何でも好きということではなく、急須を使って淹れたものになります。ペットボトルやティーバッグでは味や香りが薄く、あまり美味しさを感じないためです。

玄米茶の魅力は、炒った玄米とポップコーン状の玄米そして番茶の香ばしさです。

急須で入れるのでお湯を入れてから暫く置いておく必要がありますが、湯気と一緒に徐々に香りが昇ってくるのが堪らなく好きなのです。そしてカフェインが少ないので、十分に味と香りを引き出してもあっさり飲むことができるところも良いです。

ただ抹茶が入っているものは抹茶の風味が強いので、純粋に玄米と番茶のみの方が香ばしさがダイレクトに感じれるので好みですね。

私が好きなお茶

私がお茶の中でも特に好きなのはジャスミン茶です。

普段ごはんを食べる際にはジャスミン茶は合わないので烏龍茶や緑茶などごはんと合う飲み物を飲みますが、休憩する時や気分を変えたいときはジャスミン茶を飲むとリフッレシュするので気に入ってます。

ジャスミン茶はあの独特の香りが苦手な人もいるかも知れませんが、私はむしろあの香りを嗅ぐと落ち着きます、香りからすでに体を癒してくれている気がしますしジャスミン茶を飲んだ時に体の中にあのいい香りがめぐるような気がしてとてもいい気分にしてくれます。

あと最近知ったのですがジャスミン茶には美肌効果やダイエット効果などいろいろな効果が含まれているらしくそれを知ってからはより好きになってしまいました。

玄米茶が私のNo.1

玄米茶の香ばしい匂いが大好きです。

芳しい匂いがほのかにするというのではなく、淹れた途端にしっかりと感じられる、あの濃い香りがたまりません。そして、抹茶が湯にしっかりと色を付けてくれるところも気に入っています。

目でも美味しいとは、このことです。

新緑のようなくっきりとした鮮やかさは、普通の緑茶では敵いません。

そして、最後に味です。玄米が生きていて、芳ばしい限り。こんなにも個性的ながら、どんなお料理の後でもしっくりくるのが不思議です。デザートに合わせるなら、洋でも和でもOK。

ケーキにもどら焼きにもマッチします。

かなり濃いめに作って、氷を浮かべたアイスバージョンも夏場には欠かせません。数年来に亘り、玄米茶が私のNO.1です。

ほうじ茶が好きです

私は、子どものころに学校に遠足があって、その時に親がお茶を冷ましてから、水筒にいれてくれていました。

でも、そのお茶は子どもの自分にとっては、すごく苦い感じがしていやだなとおもってしまっていました。私は、そのころはお茶というのは、緑茶しか知りませんでしたので、仕方がないとおもって飲んでいました。

ほうじ茶の存在を知ったのは、なんと結婚してからでした。

ほうじ茶を初めて飲んでみたときは、すごくおいしいなと感じてしまったのでした。それに、ほうじ茶はカフェインが入っていないと知って、妊娠してから毎日大量に飲んでいました。

子供が生まれてから、ほうじ茶は赤ちゃんにもOKだと知って、冷まして飲ませていました。

暑い夏にはやっぱり麦茶

暑い日が続きますね。

やはり子供の頃から慣れ親しんだお茶といえば、麦茶ではないでしょうか?

小学校の頃から水筒に入れて、体育が終わったに飲む、氷入りの麦茶の美味しかったこと。今はペットボトルでもミネラル入りの麦茶が発売されています。暑い夏場の水分補給にはピッタリの飲み物です。

麦茶には、昔ながらのやかんで麦茶を沸かし、容器に入れて氷で冷やすやり方と、容器に麦茶のパックを入れて水だしするやり方があります。

麦茶の香ばしさを感じたいのであれば、個人的には沸かすやり方がお薦めです。冷やすのに時間がかかりますが、それもまた味ですね。家庭にある簡単な飲み物ですが、お手軽なのがいいところ。熱中症予防に是非飲んでみてください。

私の大好きなお茶は麦茶です

一番好きなお茶が何かと聞かれたら、やっぱり麦茶を選びます。

夏の暑い日にはピッタリの飲み物ですよね。一日に何度も炊いて作るほど、我が家ではみんなが大好きなお茶です。それに麦茶は赤ちゃんからお年寄りまで、誰もが好きなお茶だと思います。

最近は、便利になっているのでひとつずつ、お茶パックに入っていて、作るのも簡単です。

焚き出しはもちろんのこと、水出しでもOKです。その上価格も安くて、家計にも大助かりのお茶と言えるでしょう。でも、私が本当に好きな麦茶の味は、昔どの家庭でも作っていた麦茶です。

お茶パックなどに入っていなかった、丸々で黒々とした麦茶葉を煮出す麦茶です。

香ばしくて、本当に美味しい麦茶だったなぁと、子供の頃の思い出とともに思い出します。こんな思い出もあり、麦茶が好きなのだと思います。

年中麦茶を飲んでいます

私は麦茶が好きです。

家の冷蔵庫には常に冷えた物が入っています。パック入りの麦茶葉を買って来て、沸かして作って置くのです。大人になってからはあまり麦茶を飲まなかったのですが、子供が生まれてから毎日飲むようになりました。

麦茶はミネラル豊富で、カフェインも無いので体にもやさしいですし、どんな食べ物にも合います。子供にぴったりのお茶です。苦味やクセも無く、すーっと飲めます。外出中にペットボトルを買う時も麦茶。子供とシェア出来るので良いです。

麦茶葉も国産の物を買って、少し濃い目に煮出します。ごくごく飲んでも飽きません。毎日の食事にもおやつの時も常に飲んでいます。薄めれば赤ちゃんから飲めますしね、家族で飲めるお茶です。

私が好きなお茶

私は子供の頃からお茶が大好きです。子供の頃は祖母が毎朝入れてくれるごく普通の静岡の緑茶が好きでした。

その後、成人となり実家を出て家庭に入るようになってから買うようになったお茶は、抹茶入りの玄米茶が一番多いです。私が抹茶入り玄米茶が好きな理由としては、まずはお茶の色です。短時間でもキレイに深い抹茶の緑が出ますし、誰でもテクニックが必要なく簡単に入れる事が出来るのです。

味も濃すぎず渋すぎず食事にもおやつにも合う事が好きな好きな理由です。

また価格もリーズナブルな玄米茶は、抹茶入りでも普通の緑茶よりも安く購入が出来るのでお財布にもやさしいところから購入率が高いです。

これからも生活の中にお茶は切り離せないものとなる事は間違い無しです。

爽健美茶の思い出

私の一番好きなお茶は、爽健美茶です。

さわやかですっきりした味が気に入っています。子供の頃甘いもの全般が苦手だったので、外で飲み物を買ってもらう時は、お茶を選ぶことが多かったです。

祖母の家がお店をやっていて、当時は店の前に自販機を二台置いていました。コーラとポッカの自販機です。コーラの自販機の方にはいつも爽健美茶が並んでいて、倉庫にはダンボールで補充用のものが置いてありました。休みの日に自販機の入れ替えを手伝い、暑い日にひたすら爽健美茶を補充したのは、良い思い出です。

作業後に飲んだ、冷えた爽健美茶の味は忘れられません。

今では店も閉店してしまい、自販機に補充することはなくなりました。でも、何かの折に飲み物を買う時は、相変わらず爽健美茶を選ぶことが多いです。

ジャスミン茶の魅力

ペットボトルのもの、急須から淹れたもの、どれも一番好きなのはジャスミン茶です。

元々紅茶やハーブティー等の香りの強いお茶が好きでしたが、はじめてジャスミン茶を飲んだ時、「これだ!」と閃いて以来ずっと愛飲しています。

香りが強いので、食後に飲むと口がさっぱりするのもいいですし、何でもない時やリラックスタイムに淹れると香りだけでも癒され、落ち着きます。

茶葉やティーパックから淹れるのがもっとも美味しいとは思いますが、最近はペットボトル飲料のものでも遜色ない味に仕上がっていて、いつでも飲みたい時に飲めるのも、ジャスミン茶を好んで飲む理由です。通常のものより少し値段は張りますが、ジャスミンの花の形になっている茶葉はお湯を入れるとゆっくりと花開いて、それがまた美しい。

飲んでよし、嗅いでよし、見るのもよし、それがジャスミン茶です。あ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る