苦手(嫌いな)お茶の種類について聞いてみた

お茶には様々な種類があります。

煎茶、抹茶、ほうじ茶、玄米茶など様々です。その中には好みのお茶もあれば、嫌いな種類もあるでしょう。今回は苦手なお茶の種類について意見を聞いてみました。

どくだみ茶は苦手です

私の祖父母がお茶を作っていることから、小さい頃から食事やおやつの時は必ず緑茶を飲んで育ってきました。そのためお茶を飲む習慣は昔からあり、大きくなってからも様々なお茶を試してきました。

そんな中でどうしても口に合わなかったのがどくだみ茶です。子供の頃、便秘がちだった私に両親が飲ませてくれたのですが、その時の味が苦くて渋くて、変な臭みもあって忘れられずトラウマとなってしまいました。

独特な味で、お茶というよりもむしろ生薬や漢方薬のような印象を受けて、お茶という分類に属していることが納得できません。いかにも身体に良さそうな味で、実際に多くの効能もあるようですが、お薬として飲むならわかりますが、お茶として飲むことはできないです。

今でも苦手です。

煎茶が苦手です

私の母は昔からほうじ茶派で、私が子供の頃は我が家ではいつも、お茶と言えばほうじ茶のことでした。

夏はもっぱら麦茶を大きなやかんで沸かし飲んでましたので、子供の頃に煎茶を飲んだ経験があまりありません。ですから、社会に出て煎茶を飲む機会があるとなんかしっくりこなくて、あの繊細というか優雅な味が好きになれません。

しかし、もちろん客先などで出されたお茶は飲みますが、お茶の選択肢がある場合には絶対にほうじ茶を選びます。私が煎茶を苦手とするため、我が家でも女房がほうじ茶をいつも入れます。

子供達も私のように多分将来煎茶が苦手になるのではないかと考えています。三つ子の魂百までと言いますが、子供の頃の体験や習慣がベースになって好味が形成され、それが大人になっても変わらないんですね。

好きになりたいジャスミンティー

ジャスミンティーが美容や健康に良いのはよく知られています。美肌などの女性に嬉しい効果がたくさんあります。それなのに、私はジャスミンティーが苦手です。

あの気品ある花のような香りがどうしても好きになれません。これまでペットボトルで販売されている冷たいものしか飲んだことがありませんが、ホットであればまた違うものなのでしょうか。

緑茶やウーロン茶は大好きで毎日飲んでいるのですが…

最近、ジャスミンティーには女性ホルモンを整える作用もあると知り、冷え性で生理痛がひどい私にはとても向いていると思いました。一度、美味しいジャスミンティーを飲んでみるとまた変わる気もするのですが、まだ自分で茶葉を購入する勇気がありません。

抹茶が苦手

昔から抹茶が苦手です。

私は今まで特にお茶が嫌いというわけではなかったのですが、抹茶だけは昔から苦手です。香りも苦手なのですが根本的に味が苦手なのでよくアイスやチョコレートなど、いろいろな商品で抹茶味や抹茶風味のものが発売されていますが、そのすべてが受け付けられません。

甘いのか苦いのかはっきりしないところが本当に無理なのです。よく抹茶は上品なものという扱いを受けていると思いますがどこが上品なのでしょうか。

私にはさっぱりわかりません。あと、抹茶にはカフェインが含まれているのですが抹茶の入ったものを飲んだり食べたりすると私は非常に寝つきが悪くなってしまいます。以上より私にとって百害あって一利なしである抹茶が嫌いです。

麦茶と玄米茶が苦手です

子供の頃、夏になると冷蔵庫に常時冷やしてあった麦茶。

当時は当たり前のように飲んでいました。ところが、社会人になり一人暮らしを始め、日々の飲み物がミネラルウォーター中心になり始めたころ、帰省の際飲んだ麦茶でおなかが痛くなってしまいました。(家族にそんな症状が起こることはなく、食中毒等ではありません)

それ以来、何度トライしても麦茶を飲むとおなかが痛くなってしまいます。

冷たいお茶が苦手なのかな?と思い、冷たい緑茶やほうじ茶を試しましたが、特にこのような症状は起こりません。味は好きなのですが、体調に影響を及ぼすので、苦手なお茶になってしまいました。

玄米茶は、味が苦手です。

後味がおせんべいのような雰囲気で・・・甘味と一緒に食べた時「合わないな」と思って以来、苦手としています。

カモミールのハーブティー

寝つきが悪いので、就寝前の数時間はカフェインを摂るのを控えています。

どうしてもお茶が飲みたい、と思う時は、カフェインレスのものを飲んでいます。はとむぎ茶、杜仲茶、コーン茶など、和風、中国風のお茶が多いです。

ハーブティーはあまり好きではないのですが、カモミールのハーブティーには誘眠効果があると聞き、試してみることにしました。早速購入して飲んでみたところ、何ともクセが強く、おいしいとは思えませんでした。

ハチミツを入れるとましかと思い試してみましたが、薬風のニオイがきついので、入れない方がまだよいような気がしました。誘眠効果についても、おいしいと思えないお茶を飲んでも効果はないようです。花のイラスト入りパッケージはかわいいのですが。

麦茶が苦手です

子供の頃からなのですが、麦茶が苦手です。

夏の定番で飲む機会の多いお茶ですが、あの香ばしい感じが鼻を通っていく感じ、独特な風味がどうしても口に馴染まずにゴクゴクと飲む事ができません。

妊娠中はノンカフェインの飲み物しか飲め無いので他に手軽に飲める物が思い浮かばず我慢して飲みましたが、なんとも辛い物でした。ただ、最近は風味が薄めの物もペットボトルなどで出ていて、そういった物は飲みやすかったのでだいぶ助かりました。

家で煮出して作る場合は、少しクセの強い他のお茶とブレンドして飲んでいます。煮出す用のティーバッグで、もう少し風味が弱く香ばしさの軽い物が出てくれ無いか、と子供が小さくノンカフェインしか飲め無い私は期待しています。

杜仲茶が一番の苦手

その昔、私が独身時代に働いていた会社では社長が杜仲茶の信奉者でした。

だから、なぜか本来の業務とはまったく関係性のないメーカーの杜仲茶を会社を通して割安に買えたのです。

ひとり暮らしで不摂生を繰り返した私にとっては、「これくらいは飲んでいたほうが良いに違いない」と思える唯一の健康方法。

たくさん買って、無駄にするものかと毎日欠かさずに飲んでいました。

でも、その「飲まなくてはいけない」というのが仇になったのか、だんだんと飲むのが億劫になり。ついには、ニオイを嗅いだだけでも嫌になってしまいました。

アレルギーにも良いと聞き今は子供に飲ませていますが、ニオイを察知しないように私は息を止めてお湯を注ぐほど。

どんなに効能が素晴らしくても、しばらくは飲む気にさえなれないと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る