お~いお茶が海外で大人気|変革企業ランク飲料部門で3位に

日本人といえば緑茶です。

欧州でお茶といえば紅茶を連想する方が多いと思いますが、実はその欧州でも緑茶ブームが到来していることをご存知でしょうか。

緑茶の健康効果に注目が集まっています。

お~いお茶が海外で大人気

米ビジネス誌は「Change the World 2016」を発表しました。

本業を通じて、社会に変革をもたらしている企業トップ50社をリストアップしたものです。このランキングで日本企業は2社ランクインしたのですが、その中でもトップは18位の伊藤園です。

日本では「お~いお茶」で有名なあの伊藤園ですね。5位のネスレ、11位にはコカ・コーラがいます。伊藤園は飲料関連企業としては3番手となります。

余談ですが、あちらのパッケージでは”Oi Ocha”となっています。

どれくらい流行しているのでしょうか?

Googleの本社に毎月すさまじい数が納品されており、FACEBOOK社のクーラーにも入っています。TwitterといったシリコンバレーのIT企業全般で親しまれています。

都市部では大手企業が推していることもあって人気です。しかし田舎のほうでは人気はそこそこでした。伊藤園は甘みを付けたものなども投入しており、微糖から無糖の製品へとシフトしていくような手法も取っています。

こうしてアメリカ全土で大ヒットしています。飲料メーカーで3位ということで、その人気っぷりは分かりますね。有名なネットショップ”アマゾン”を覗いてみるとわかりますが、アメリカで非常に人気と評価が高いことがわかります。

アメリカの報道では「アメリカのお茶文化が、ここ4、5年で大きく変わった。お茶といえばリプトンの紅茶だったのが、今や伊藤園の緑茶」と言われているほどです。

最後になりますが、世界変革企業ランキングですが、日本では「18位の伊藤園」と「39位のパナソニック」がランクインしています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る