緑茶が変色する理由は?対策はあるの?

緑茶を飲む機会は多いものです。家庭、外出先、遠足など様々です。

しかし水筒に入れた緑茶をふと見てみると、変色していることがありますよね。腐ってしまったのではないかと不安に思った人もおいでしょう。遠足などで水筒に緑茶を入れた際、いざ飲もうとしたら色合いに気付くと急に飲む気が失せてしまった経験は意外と多いものです。鮮やかな緑を期待していたのに、出てくるのは茶色の液体・・・

何故、変色してしまうのでしょうか?

 

変色する理由

緑茶といえばその名の通り、美しいグリーンのお茶です。

これは成分と製造過程によって緑になります。とはいえ、お茶にもいくつか種類があります。必ずしもグリーンというわけではないのでその点はご了承ください。

さて、緑茶が茶色くなるのは、緑茶の成分が酸化してしまう事が原因です。

水筒に緑茶を淹れたことで通常よりも高い温度の状態が続くことになります。緑茶に豊富に含まれる代表的成分であるカテキンは酸素と結合し酸化しやすい性質があります。結果、茶色く変色し成分も変わってしまうのです。

カテキンは優れた抗酸化力を持つ成分ですが、抗酸化作用を有する成分は自身が酸化することで、他の物質が酸化するのを阻止することが出来ます。そのため緑茶は非常に酸化しやすい飲料となってしまいます。

味はどうなるの?

味についてですが、渋みや苦みが強く感じられるようになります。飲むことは避けたいところでしょう。

 

対策はあるの?

酸化したカテキンを戻すことは不可能です。

なので、対策となったら酸化しないように対応するしか方法はありません。

非常に簡単でオススメの方法があります。

ズバリ「冷ましてから水筒へ注ぐ」です。

上記でもありますが、酸化の原因となるのは長期間の高温度状態が続くことです。そのため、水筒に入れる際にとても低い温度にしておけば変色の心配はなくなります。家で緑茶を作って水筒に入れるのであれば、その前にキンキンに冷やしてから水筒に移しましょう。

これだけで酸化をある程度減らすことが可能となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る