緑茶の効果&効能は「美白・脂肪燃焼・風邪予防」など様々あります

日本人が世界に誇る緑茶。

緑茶と一口に言いますが、その中には「煎茶、ほうじ茶、抹茶」などが含まれます。それらは総称するとすべて緑茶であり、日本でもっとも良く飲まれているお茶ですね。さらに中国茶もジャスミン茶として飲まれるものを含め緑茶に分類される物が主流です。

日本国内だけでなく、中国や台湾で最も飲まれているのも緑茶ということになります。さて、こちらの緑茶ですが様々な効果があります。テレビでよく「健康になる」と言われていますが、実際にその効果は高いです。健康になれる成分が多く含まれているのでオススメです。

その効果は多岐にわたります。

☆美白効果
☆ダイエット効果(脂肪燃焼)
☆風邪予防
☆ガン予防
☆二日酔い防止
☆ストレス解消

今回はその中でも「美白・脂肪燃焼・風邪予防」について紹介していきたいと思います。

美白効果について

緑茶に含まれる美容について説明しましょう。

女性にとっては特にうれしい効果ですが、男性にも見逃せない点があります。

あまり知られていないことですが、緑茶にはシミを美白する効果があることをご存知でしょうか。美白効果が期待できるお茶ですが、お茶の中でも「緑茶」が最も効果的と言われています。

その理由ですが、美白効果成分といえばビタミンCですね。緑茶にはビタミンCが多量に含まれており、緑茶3杯でリンゴ1個に匹敵するほど含まれています。

ちなみに紅茶では、茶葉をつくる過程でビタミンCが破壊されてしまうので美白効果は薄いです。

さらに、緑茶に含まれるカテキンは殺菌力があります。他にも含まれるポリフェノールには抗酸化力を働かせ、ニキビの炎症を抑えてくれます。ニキビは女性だけでなく男性にとっても大敵なので非常にうれしいですね。

脂肪燃焼効果について

最近になって注目を集めるのがお茶を利用したダイエットです。

具体的には「特茶・ヘルシア緑茶」などがその例として挙げられますね。

緑茶の脂肪燃焼効果として注目されるのは「カテキン」です。上記の飲み物では「高濃度茶カテキン」と銘打っているものがありますね。カテキンはダイエットの大きな味方として活躍してくれます。脂肪の分解を促進する効果があります。

また、珈琲に入っているカフェインも緑茶に入っています。

こちらのカフェインは覚醒作用が知られますが、他にも脂肪燃焼の効率を高める効果があることが判明しています。

ただし、カフェインの摂りすぎは危険です。

過剰に摂取することで効果は下がりますし、カフェインは大量に摂取することで健康面に害を及ぼす可能性があります。適量を守ることが重要です。

カフェインを含めた緑茶のデメリットについてはこちらの記事で紹介しているので、目を通していただけると幸いです。

風邪予防効果について

緑茶には風邪を予防する効果もあります。

その成分がまたも登場する「カテキン」です。このカテキンには、ウィルスを撃退する効果があります。緑茶に風邪菌の増殖を防ぐ作用があることも科学的に立証されています。

これは、緑茶が免疫力を強くする調節性T細胞の数を増やしてくれるからですね。

他にもビタミンCは「免疫力向上・疲労回復」があり、カフェインには頭痛を和らげ、血行を良くする作用があります。

喉が痛いときには、緑茶を飲むことが回復効果が望めます。また、緑茶でうがいをすればカテキンで喉の消毒をしてくれるので水でうがいをするよりも効果的です。

カテキン+ビタミンというのは風邪予防にはとても大きな効果が期待できます。

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る