花粉症対策にお茶は効果があるの?ペットボトルのお茶で予防可能?

風邪やインフルエンザの予防に効果的なお茶。

2~5月にかけて日本で流行する花粉症に対しては効果があるのでしょうか。日本人はこの花粉症に悩まされることが多く、毎年困惑する人が後を絶たないのが現状です。

どうにかして辛い症状から脱却したい。

そこで登場するのがお茶の存在です。今回は花粉症とお茶について説明していきたいと思います。

花粉症の症状と原因

花粉症について説明しましょう。

花粉症には目のかゆみや鼻水、くしゃみなどの症状があります。これは肉体が花粉を「異物」として認識することで引き起こされます。

春風によって花粉が飛散しますが、最も有名は”スギ花粉”の場合は1月末から飛散が始まり、3~4月をピークに5月まで続きます。花粉は鼻や喉の粘膜から入ってきます。

その症状についてはいくつかあります。

☆目のかゆみ&充血

☆くしゃみ

☆鼻水

☆咳

これらがその症状で、非常にきつい症状となっています。風邪と違って毎年発症することが多く、わかっていても止められないのは本当にもどかしいですね。

毎年発症する理由としてはアレルギー症状が引き起こされるからです。

花粉症にお茶は効果がある?

最大の疑問はここでしょう。

お茶を飲むことで花粉症を防ぐことは可能なのでしょうか?

答えは「一定の効果がある」というものです。

花粉症の症状ですが、大きくかかわってくるのが「ヒスタミン」という症状です。このヒスタミンを抑えるための成分がお茶には含まれています。

代表的な成分としてはカテキンですね。茶カテキンには花粉症を予防する効果が認められています。べにふうき茶はその中でも非常に効果が高いです。カテキンは私たちの体にとって本当にありがたい存在といえますね。

ただし、即効性は皆無です。

あくまでも予防です。飲み続けているうちに花粉症などのアレルギー症状が軽減していくのが効果であり、花粉症が辛くなってきたからといって飲み始めても遅いです。花粉症状が流行する1か月ほど前から飲み始めるのがグッドです。

効果はペットボトル1本くらいが理想と言われています。つまり、500ml程度ですね。

お茶にはカフェインが含まれているので、カフェインの量にだけはくれぐれも注意してください。

ペットボトルのお茶でも効果がある?

最近では急須で淹れたお茶よりも人気が高く、持ち運びも便利なペットボトルを利用する人が多いでしょう。

ペットボトルでも効果はあるの?

そう疑問を感じている人もいますが、安心してください。ペットボトルでも十分に効果があります。むしろペットボトルのほうがノンカフェインのお茶を購入したりと調整できます。

非常にオススメです。

花粉症に特にオススメなべにふうき茶のペットボトルも発売されています。花粉症の方にとってはありがたいご時世になりましたね。

簡単に予防でき、お茶自体にも美容など様々な効果があります。しっかりと飲みたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る