妊娠初期に緑茶のカフェインはダメ?妊婦と緑茶の正しい付き合い方について

妊娠中のカフェインは体に良くない、という話を聞いたことがあると思います。

これは困りますよね。大好きな「緑茶、紅茶、珈琲」にはカフェインが含まれているとなれば、お茶が出来なくて残念という女性も多いでしょう。

特に妊娠中はストレスが厳禁と言われる中で大好きな飲み物をガマンするのはストレスを溜める原因となってしまいます。しかし本当にカフェインは妊婦になってNGなのでしょうか。

今回は「妊婦とカフェイン」について詳しく見ていきましょう。

妊婦にカフェインはNGなの?

さて、最初に何故カフェインは妊婦にとってNGと言われているのかについてです。

理由は大きく分けて2つあります。

1つは妊婦のほう、ママに関係することです。

そう、カルシウム不足です。

妊娠中はカルシウムの摂取はとても重要です。しかしカフェインは、尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまいます。端的に言えばカルシウムを摂取しても、カフェインを摂取したらカルシウムが外に出てしまうというわけですね。

もう1つの理由は子供に対しての影響です。

カフェインは胎盤を通りやすいことで知られています。ママが摂取したカフェインが子供にも届いてしまいます。子供にはまだ消化する力がないので、大量に摂取すると内蔵器官が消化できず発育不全や早産の危険性が出ると言われています。

妊娠初期は注意が必要

特に注意が必要なのは妊娠初期です。

妊娠が発覚した直後に「これから飲めなくなるから」といった理由でカフェイン入りの緑茶、珈琲などをがぶ飲みする方が結構います。最後の楽しみに、と考えて大量摂取をしてしまうケースは実際結構あります。

しかしこれはNGです。

むしろ母子どちらにとっても非常によくないと言われています。妊娠初期ということは子供も小さく、ママの体調も不安定です。

安定期に入るまでは細心の注意を払ってください。

カフェインの摂取によって未熟児が生まれたという実例もあります。警戒をするに越したことはないでしょう。

どれくらいの量ならば飲めるの?

基本的には飲み過ぎなければ大丈夫ですが、少し抑えましょう。

緑茶に含まれるカフェインの量は珈琲の3分の1程度です。緑茶単体だけで見るのならば、1日3杯くらいは問題ないでしょう。

ただし、注意が必要です。

カフェインは緑茶以外にも含まれていますので、例えば緑茶を3杯、珈琲を3杯というのはやめたほうがいいでしょう。チョコレートにも含まれているので、一緒に摂取するのはオススメできないです。

重要なのは無理のない範囲で減らすという点です。

危険なのは「カフェインは危険だから」と大好きな飲み物を摂取しなくなることです。ストレスは妊婦に大敵ですからね。

どうしても緑茶が大量に飲みたい場合

news_pic_lg02

どうしてもお茶が大好きという方もいるでしょう。

その場合は「ノンカフェインの緑茶」を購入してください。

最近では多くなっています。こちらのノンカフェイン飲料にはカフェインが入っていないので、安心して飲むことができます。

緑茶だけでなく、別の飲み物でもノンカフェイン飲料が販売されています。

味の好みはあるでしょうが、試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る