べにふうき緑茶の効果&効能と副作用について

辛い花粉症の季節。

花粉症の予防になるということで注目を集めるのは「緑茶」です。緑茶には風邪やインフルエンザだけでなく、花粉症を予防してくれる効果もあります。

その際にもっとも注目を集めるのは「べにふうき茶」です。

べにふうき茶とは?

名前を聞いたことがある人は多いでしょう。

この「べにふうき」というお茶についてですが、こちらは「べにほまれ」と「枕Cd86」を交配した後代のアッサム種に近い茶品種です。

あまり知られていないことですが、実は日本で開発されたものです。この茶葉を酸化発酵させると紅茶になります。1993年に野菜茶業研究所において紅茶用の優良品種として開発されました。

日本は紅茶よりも緑茶の国です。

当時の日本では紅茶生産が積極的に行われないため、普及が進まなかったのですが、緑茶に加工した際に多く含まれるメチル化カテキンに、抗アレルギー効果が存在されることがわかってから注目されるようになりました。

この「べにふうき」に含まれているカテキンや抗アレルギー成分のストリクチニンは、花粉症などの「アレルギー症状」に対する改善効果が判明しています。

効果&効能について

最大の効果は「アレルギーを抑制する」というものです。

べにふうき茶には、花粉症・アトピーなどのアレルギーを反応を抑えると言われる「メチル化カテキン」が豊富に含まれています。

その抑制効果は非常に高く、ペットボトルで販売されたり、べにふうき緑茶カプセルなどの商品も販売されたりしています。

ただし、注意点があります。

花粉症やアレルギーを根本から治すものではないということです。あくまでも効果は抑制であり、完治させる効果はないので注意してください。

あくまでゆっくりと抑制するのが効果です。また、医薬品ではないので効果についても確実に効くというわけではないので注意です。

他の効果についてですが、基本的にはお茶なので緑茶や紅茶で得られる効果も期待ができます。

特に「ダイエット効果」については触れなければならないでしょう。べにふうき緑茶には、脂肪の蓄積を抑制する効能があり、さらにその効果は通常の緑茶を飲用することで得られるダイエット効果よりも優れていることが判明しています。

副作用について

以外と気になっている人もいるのが副作用です。

先に言うと「副作用はない」です。

というのも、上記でもあるようにべにふうき茶は自然のものです。そもそも医薬品ではないので副作用は全くないです。

特に体に悪い成分はないのですが、注意するのは”カフェイン”です。

カフェインの大量摂取にだけは注意してください。

まとめ

最後にまとめましょう。

べにふうき茶の効果と副作用

★アレルギー抑制

★ダイエット効果

★副作用はない

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る