珈琲の起源と歴史について

日本でも人気の珈琲。

その歴史は非常に古いということはあまり知られていない事です。元々は野生の木だった珈琲ですが、いつ誰がどこで見つけたのかというのは知られていないですね。

また、その後どのようにして展開されていったのか。

今回はその辺りについて説明していきます。

珈琲の起源

珈琲の歴史ですが、所説あります。

しかし総じて言えることですが、1000年近い歴史があります。紅茶や緑茶とは違って中国とは関係なく、厳密なことはわかっていないことが特徴です。

起源については所説ありますが、基本的に2つの伝説が有名です。どちらが真実なのかというのは現在のところ不明です。

エチオピア起源説

6世紀頃のエチオピア高原が舞台となっている説です。

ヤギ飼いカルディは、放し飼いにしていたヤギ達が昼夜の別なくひどく興奮しているのを発見しました。怪しいので調べてみると、丘の中腹に自生している潅木の赤い実を食べたことがわかりました。

試しに食べてみると気分はみるみる爽快になり、肉体に活力がみなぎってきたのです。

僧はこの赤い実を僧院に持ち帰り、ほかの僧たちにも勧めました。 それからは徹夜の宗教行事のときに睡魔に苦しむ僧はいなくなりました。

アラビア起源説

こちらは13世紀頃のイエメン山中が舞台です。

イスラム教の聖職者シーク・オマールは、疫病が流行っていたモカの町で、祈祷を捧げ多くの人の病気を癒していました。

オマールはモカ王の娘に恋をし、山中に追放されてしまいました。

食べ物も満足にない洞窟暮らしをしていたオマールはある日、小鳥が木に止まっているのを見ました。そして、手を伸ばした木の枝先には赤い実がついていました。

空腹だったオマールが口にしたところ、これが美味でした。それを飲むとたちまち爽快な気分になりました。オマールの見つけたこの不思議な飲み物の噂は町へ伝わり、オマールは町へ戻ることを許されました。

 

珈琲を飲む喫茶ショップが誕生

珈琲は初めは実をつぶして脂をまぜ、団子にして食用にしていました。

その後、実と葉を一緒に煮て煮汁を飲むようになりました。種子を煎って粉にして使うようになったのは13世紀頃からと言われています。

珈琲は1511年、エジプトのカイロに世界初の珈琲ショップが誕生しました。トルコの首都コンスタンチノープルでも珈琲ショップが誕生しました。この頃は現在のドリップ式ではなく、豆を煎り、それを石臼で挽いて煮出して飲む方法が広く親しまれていました。

ドリップ式が広がったのはフランスで、豊かな味と香りを最大限に抽出するこのドリップ式を考案したのはブリキ職人でした。このドリップ式が広がってからというもの、爆発的に人気をアップしていきました。

 

日本の経緯と流行について

気になるのは日本においての流行です。

少し前までは足利時代にキリスト教の布教のためにやってきたポルトガル人やスペイン人が伝えたといわれています。しかし現在有力な説としては、江戸時代に入ってから長崎出島にオランダの商人が持ってきたことが有力とされています。

出島のオランダ屋敷に招かれた蘭学者たちが珈琲を賞味したという話が伝わっています

日本で広がりを見せ始めたのは明治時代です。文明開化と共に東京の町には西洋御料理店なるものが誕生し、それに伴って珈琲も人気が上がっていきました。

平成時代になるとスターバックスなどの台頭によって大流行となりました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る