紅茶&お茶のティーパックの賞味期限について|捨てる際に出来るひと工夫♪

家庭でお茶を楽しむ場合にティーパックを使用する人は多いでしょう。

しかし冬に温まろうと考え、使わず仕舞いで年を越してしまったという経験をした人も結構多いようです。お茶や紅茶のティーパックは箱で購入すると多すぎる、などの問題は結構ありがちですね。

賞味期限はある?

賞味期限についてですが、こちらは無論あります。

しかし、ティーパックにすると賞味期限が伸びるということはあまり知られていないことです。紅茶でも緑茶でもティーパックで密封保存することで賞味期限を大幅に増やすことができます。

紅茶の賞味期限は、開封前と開封後では全然違います。缶入りの紅茶は約3年と非常に長いのですが、開封したものは約3か月程度となります。

これは緑茶も同じです。

種類は違いますが、開封後と開封前では1年ほどの差があります。

→お茶の賞味期限について

賞味期限と消費期限は違うのですが、美味しく頂くには賞味期限を守ってください。特に紅茶や緑茶の賞味期限はメーカーが決めているので会社によって曖昧となっています。保存には細心の注意を払ってください。

 

ティーパックの賞味期限について

ティーバッグの場合ですが、賞味期限は約2年です。

この2年という数字は紙を未開封の場合です。恐らくティーパックを購入している場合は、紙袋入りのティーバッグを使用している方が多いと思います。

img_0

具体的にはこういったものです。

こちらは封を切ってからすぐに使用するので大丈夫でしょう。当たり前ですが、使用前は封を切らないのが基本です。わざわざ開けてしまう人はいないでしょう。

この状態で2年も保存が可能なのはありがたいですね。

緑茶の場合も紙入りのティーパックを使用している方が多いでしょうが、こちらの賞味期限は1年程度です。購入した箱に記載されているのでしっかりと賞味期限を確認しましょう。

 

捨てる前に使用できる?

賞味期限が切れたティーパックを使用するのは止めたほうがいいでしょう。

密封して保存してあれば賞味期限を多少過ぎても大丈夫でしょうが、カビなどが生えている場合があります。基本的には賞味期限を守ってください。

しかし、捨てる前に何かに使いたいと考えたいですね。

使い道は「消臭効果&掃除」です。

fdafa

飲むことは危険ですが、ティーパックを湯に浸してから掃除に利用することで大きな効果が発揮します。シンクや蛇口はティーバッグをそのままこすりつけるだけで、洗剤を使わなくてもピカピカになります。

お皿に使ってもきれいになるので、是非ともお試しください。

消臭効果も非常に強く、乾燥させたものを靴の中や冷蔵庫に入れておくと匂いがつきます。緑茶や紅茶の匂いが好きという方にはおすすめです。

この使い道は賞味期限切れだけでなく、普通に飲料を楽しんだ後でも再利用ができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る