日本茶・紅茶の茶葉の賞味期限はいつまで?美味しく飲むための保存法は?

かなり前に頂いた茶葉、残っていませんか?

茶葉はどのくらい持つんだろうと思っている人は多いと思います。 茶葉は、かなり長期で保存が可能です。 ただ、長期保存の場合、風味が落ちて美味しく頂く事が出来なくなってしまいます。

茶葉の賞味期限や美味しく頂く保存法などについて見ていきましょう。

日本茶の茶葉の賞味期限

茶葉(日本茶)に表示してある賞味期限は過ぎてしまうと、飲まない方が良いのでしょうか?

日本茶を購入すると、賞味期限が表示されています。 食品には、賞味期限を表示する事が国で義務付けられています。 賞味期限は、その食品を美味しく食べる事が可能な期限です。 実は茶葉メーカーによって、その賞味期限はまちまちです。

だいたい、3カ月~1年程度を表示しているところが多いようです。ね。

実際に明確なものはないと言えます。

だから、一概に賞味期限が切れていたとしても飲めないわけではないのです。 そこで、見た目や味、香りなどで判断して、ちょっと違和感を感じる場合は、 美味しく頂く事ができないと判断しても良いでしょう。

ただ、開封したものに関しては早めに飲んだ方が良いでしょう。

紅茶の茶葉の賞味期限は?

では、紅茶の茶葉についてはどうでしょう。

日本茶と比べ、更に長く保存が可能です。 紅茶の賞味期限は、日本茶よりも複雑になります。 それは、茶葉を摘んでから、加工する作業があるので製造年月日の特定が難しいからです。 また、ブレンドティーなどもあるので、それぞれの茶葉で製造日が異なり、 これもまた、製造日の特定を難しくさせます。

ですから、紅茶も日本茶同様に、メーカーそれぞれで賞味期限を設定しています。

加工してから、1~3年程度設定しているところが多いようです。

ただ、それは未開封の場合なので、開封したら、やはり早目に飲みきった方が美味しく頂けるでしょう。 これも日本茶と紅茶、同じ事が言えます。

茶葉を長期保存するには?

茶葉は、開封したら早目に飲んだ方が良い事はわかりました。

では、出来るだけ美味しく頂けるように保存するにはどうしたら良いのでしょう。 それは、開封したら、空気に触れないように密閉する事です。 茶葉は酸化してしまうと風味がガクッと落ちてしまいます。 湿気も避けた方が良いでしょう。

そして、茶葉の特徴として、香りが他にうつりやすいのでそれもまた風味を落とす原因となります。 それを避けるために、出来るだけ、開封したら空気に触れないように保存する事が大切です。

茶葉の再利用について

もし、残念ながら、お茶がもう飲めるような状態ではなくなってしまった場合です。

それでも、茶葉は再利用する事が出来ます。 茶葉には、除菌消臭効果があります。 これらを利用する事で、色々な用途があります。

市販のお茶パックに茶葉を入れて、使用するのですが、 冷蔵庫、グリル、レンジ、はたまた靴箱におけば、消臭効果を発揮してくれます。 それから、まな板は消臭だけでなく、除菌も出来ます。

それ以外にも食品の臭み取りなどといった形で、様々な利用法があります。

もともと、食品なので、安全に使用する事が出来ます。

お茶は健康にも良い飲み物です。 長期で保存も出来ますが、出来るだけ美味しいお茶の風味を楽しんで下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る