胡麻麦茶の効果&効能とデメリットについて

ほうじ茶にウーロン茶等、お茶という分野は日本では様々な形で販売されています。

お茶は自然由来の茶葉を使用しているので、体に良い成分が入っている事もあり愛飲する方も少なくないですね。最近では、サントリーから胡麻麦茶という麦茶の新しいジャンルとして新発売されています。

この胡麻麦茶ですが、従来の麦茶やウーロン茶の様に体に良い成分は入っているのでしょうか?

胡麻麦茶の効果について

まず、胡麻麦茶についてです。

胡麻麦茶はトクホ(特定保健用食品)として販売されていて、胡麻の成分である胡麻ペプチドをみます。ペプチドの成分は血管を収縮する働きがある酵素に対して効果的に抑えて、血圧の上昇や急激な変化を抑えてくれる効果があります。

ですので、この成分を毎日摂る事で血圧の上昇を抑える事ができ、高齢者や生活習慣の悪い方への愛飲を推奨されています。

そもそも血圧の上昇の主なメカニズムは、ストレスや肥満、運動不足やラーメン等の塩分の過剰摂取により生活習慣の乱れから、血管内の血流が悪くなり、サラサラだった血流がドロドロな状態となり、血管を収縮する際に血管を圧迫、血圧を上げてしまう事が主な要因となっています。

なので、ドロドロになった血流には胡麻ペプチドの成分が効果的とも言われます。

 

味について

お茶の味についてはいろいろな噂があります。特に健康茶という点については味が懸念されることがよくあります。

胡麻麦茶もトクホだから味が悪いのでは?

これについては大丈夫です。

不味いという声もなく、サントリーが得意としている天然水の使用に胡麻麦茶は胡麻以外にも、大麦や大豆、はと麦等の従来の麦茶を飲みやすくしている成分をブレンドする事によって、通常の麦茶より飲みやすく美味しい麦茶となっています。

 

デメリットについて

デメリットは何もないの?

しかし、胡麻ペプチドの成分は一見血圧の上昇を防ぐ、血管の収縮をコントロールしている様に聞こえますが、胡麻ペプチドが合わない人、飲む過ぎによる体調が悪化する事が考えられていて、個人差がありますが例えば咳が出てしまったり、日ごろ溜めているストレスに対して胡麻ペプチドが反応して、血管関係の神経の圧迫による扁頭痛等が症状として出てきてしまうケースもあると考えられています。

また、特定保健用食品の為、通常の麦茶より量が少ないわりに料金が高く、毎日飲む事に関しても中々金銭的にも難しい事もありますね。

愛飲するのもいいですが、飲み過ぎは体にはあまり良くない事もあるので、一日小ペットボトル一本を飲む事が効率の良い飲み方とも言えます。仮に一日に多く飲む場合は三本までなら許容範囲とも証明されています。

より良い飲み方で血圧を健康な状態に維持していきたいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る